格安航空券・国内飛行機チケット > 海外ツアー・海外旅行 > エリア別の海外ツアー・海外旅行 > オーストラリア

海外ツアー検索

格安海外ツアー・海外旅行のオーストラリア特集

近年は海外ツアーで日本からオーストラリアへの観光客が減少傾向となっているようです。しかし、広大で見所がたくさんあり、日本にはない大自然を満喫できるのは海外ツアーではここが一番だといえます。時間があれば周遊パスなどもありますので、エアーズロックを最初はツアーで経験したらあとはバックパックで旅行を楽しみましょう。

オーストラリアは島ではなく大陸として捉えられています。面積も世界で6番目に大きく、日本とは時差がないことから多くの観光客がお互いを行き来している関係です。もちろん赤道介して季節が反対ですので、毎シーズン冬を楽しむという利用の仕方もあり、実際にそれを実践している人が多いとされているのです。日本の高校生の留学先としても人気があります。飛行機での行き方は様々であり、直行便と経由便の金額の差がなくなって来たことから直行便のほうが便利とされていますが、現地での時間の使い方、到着時間によってはまだまだ経由便も負けていないのが現実です。日本の地方空港であれば韓国を経由する方が便利であることも影響しています。

ケアンズとエアーズロック。海外ツアーのパックツアーならケアンズとエアーズロックが必ず移動先に含まれているというくらいに人気のスポットです。大抵のパックでは、シドニー→エアーズロック→ケアンズという順になるようです。ケアンズは常夏ですから、マリンスポーツ目当てということになります。ワーキングホリデー締結国の中でもっともマリンスポーツが楽しめるところとして有名なのです。エアーズロックは外せないところでしょう。多くのパックツアーの訪問先となっています。一度行けばいいところなので、最初はパックツアーでいくほうが面倒ではないです。

航空券とアクセス。海外ツアーのシーズンオフならかなりの格安航空券がゲットできるようになりました。オンシーズンでもかなり安くなっている印象を受けます。今まではアジア系航空会社を乗り継ぐのがオーストラリアへ格安でいくオーソドックスな方法でした。それでも直行便が値段的に下がって来たこと、経由することによる時間のロスを考えると今では直行便のほうが狙い目といえます。また、経由するのであれば時間的なロスをそれほど考えなくてもいい大韓航空がいいでしょう。世界のハブ空港を自認する空港でオーストラリアへの便が多いのが魅力で経由する時間のロスを十分にペイできる接続の良さは特筆に値します。海外ツアーでオーストラリア国内に入ってからの周瑜方法は飛行機、鉄道、長距離バスなど様々です。広大な土地ですから飛行機をメインとしたほうがいいでしょう。鉄道も景色がよくて最初はいいのですが、延々と続く風景にすぐに飽きてしまいます。ウォークアバウトパスを利用すると移動に便利なのですが、日本発からカンタス航空を利用しなくてはいけないのがネックとなります。長期滞在できるのであればかなりの力を発揮するでしょう。

格安航空券の登場でいくらでも安くいける印象がありますが、場合によってはパックのほうが安くなることもあります。また時間があって国内をあちこち移動したいのであればウォークアバウトパスが便利です。ただし、カンタス航空利用のみとなりますがそれでもトータルでは割安となりますのでお勧めです。

海外旅行の格安海外ツアーをネット予約するならこちら

  • 海外旅行の格安海外ツアーならこちらへ