格安航空券・国内飛行機チケット > 国内旅行・格安国内ツアー > ゴールデンウィーク(GW)の国内旅行・格安国内ツアー特集 > ゴールデンウィーク(GW)の沖縄旅行・格安沖縄ツアー特集

国内ツアー検索

日本で唯一の亜熱帯であり、「南の島」という言葉が最も似合う場所といえば、やはり沖縄ではないでしょうか。沖縄といえば、夏が本番の観光地というイメージが強いかとは思いますが、ゴールデンウィーク(GW)でも十分楽しめる場所なのです。そこでここでは、夏にはちょっと早いこの時期に楽しめる沖縄旅行について紹介していきたいと思います。

まず、沖縄といえば気になるのは海だと思います。本州などだとゴールデンウィーク(GW)はまだ海に入れない場所がほとんどですが、沖縄は既に海開きが終わっているので、一足お先に海水浴を楽しむことが出来ます。ただ、スキューバダイビングなどにはまだ少し時期が早いので、夏本番に比べるとみられる魚の数が少なかったり、天候によっては寒かったりもするので、別の候補も作っておくというのが重要です。

海を楽しむ方法は、何も自分が海の中にはいるばかりではありません。海の中の景色を楽しむことが出来る観光スポットとして、ブセナ海中公園という場所があります。部瀬名岬の沖合に立つこの場所は、海中展望塔というあまり聞き覚えのない観光スポット。文字通り、時化ていなければ懐中の景色を陸上から楽しむことが出来る場所です。手が届きそうな距離に見える熱帯魚は、日本であることを忘れさせてくれるようなものとなるでしょう。ガラス底のボートも運行されており、自分達も海の上を走りながら、海の中を楽しめる、そんな場所となっています。

また、沖縄らしい南国の雰囲気を楽しみたいというのであれば、名護市にあるOKINAWAフルーツらんども良い選択肢となります。この場所は沖縄ならではのトロピカルフルーツや、本州では見られないような蝶、そして貴重な鳥などが楽しめるようになっています。虫や動物が好きな人は勿論のこと、フルーツが好な人にとってはたまらない場所となるでしょう。体験コーナーとして黒糖作りなどが出来るので、沖縄の文化を楽しむ場所としてはかなり良い場所です。

さらに、季節に左右されずに楽しめるスポットとしては、沖縄がまだ日本となる前、琉球王国と呼ばれていた時代の暮らしを再現している、琉球村もオススメです。低い屋根で風通しが良く作られている家など、当時の人たちの知恵というものを感じることができるでしょう。村の中を見るだけでも楽しめますが、ロクロや藍染めなどの沖縄文化を体験できるコーナーもあり、合わせて楽しめば沖縄への理解がより深まる、そんな場所となっています。