格安航空券・国内飛行機チケット > 国内旅行・格安国内ツアー > 国内旅行のコラム特集 > 夏休みの沖縄旅行コラム特集

国内ツアー検索

夏休み中の旅行で、人気を二分している旅先がある。一つは北海道。そしてもう一つは沖縄である。暑い夏にわざわざ暑いところへ行かなくても・・・と思う方もいるかもしれない。
だが、某アンケートの結果によると暑い夏にその夏らしさを更に満喫するためにも沖縄へ、と考える方もいるようだ。北海道へは涼を求めて、そして沖縄へは夏らしさを求めて、といった感じだろうか。確かに沖縄は周囲が海に囲まれており、美しい海、そして一年中暖かいというイメージから夏のイメージにも直結している方が多いのだろう。私はまだ沖縄への旅行経験は無いが、暑さは別としても沖縄の美しい海や風景は是非一度見てみたいものだ。ちなみに沖縄は暑い、夏であれば尚更というイメージが強いようだが、実際の沖縄の夏は本土に比べると湿度が低い為、気温こそ高いがからっとしていて嫌な暑さではないのだそうだ。

沖縄の観光スポットと言えば沖縄美ら海水族館、首里城、ビオスの丘、ブセナ海中公園、玉泉洞、海軍壕司令部などが代表的であろうか。観光スポット以外にも当然ながらいたるところで綺麗な海や青い空、美しい景色が見られる。浜辺でただのんびりとその景色を見ているだけでも十分日頃の疲れが癒されそうだ。夏ならでは、ではシュノーケリングも良いと思う。ダイビングをしよう、と思っても簡単にはいかないが、シュノーケリングならば手軽である。あの青く美しい海をさらに堪能することが出来るだろう。各ビーチにはシュノーケリングポイントもあるそうだ。子供連れの家族で旅をする場合は、折角の美しい海が目の前にあるので海水浴をしたりマリンスポーツを楽しむ、というのが定番だろうか。ネオパークオキナワというところには動物や魚に餌やりが出来るらしので、子供が喜びそうだ。沖縄本島ではないが、島の伝統文化に触れ合える織物の体験を行っていたり、ウミガメの放流を体験させてもらえたり等の沖縄ならではの体験が出来るところもあるらしい。子供と一緒に貴重な経験をしてみるのも良いだろう。

また、沖縄は観光スポットも沢山あるが、海軍壕司令部やひめゆりの塔などの沖縄戦の史跡も沢山ある。沖縄戦終結から69年経った今、あの戦争の恐ろしさ、悲惨さを知っている人がどれだけいるだろうか。史跡を訪ね、戦争の事実を知り、学んでみるのも良いと思う。一度沖縄を訪れたことによりすっかり魅了され、沖縄の虜になる方も少なく無いと聞く。今年夏休みには沖縄旅行に出かけてみてはいかがだろうか。