格安航空券・国内飛行機チケット > 国内旅行・格安国内ツアー > 国内旅行のコラム特集 > 国内旅行の岡山旅行コラム特集

国内ツアー検索

岡山旅行でよく訪れた場所といったら倉敷市の「美観地区」です。以前岡山にあったデンマークやアンデルセンをイメージしたテーマパーク「チボリ公園」に遊びに行った時に訪れた場所でした。枝垂れ柳がはえる倉敷川沿いに「天領時代」の建物が軒を連ねる観光スポット「美観地区」。江戸時代を彷彿とさせとても風情ある街並みはタイムスリップしたかのような感覚にしてくれます。桜の咲く頃に訪れれば、川沿いに咲き乱れ、より一層魅力的な街並みに変化するのです。倉敷川では川舟に乗る事が出来、白壁の街並みを遊覧する事も出来るんですよ。一歩小路に入り込めば、お煎餅屋さんや雑貨屋さんといったお店が見えてきます。歴史が好きな方はテンションが上がる観光地ではないでしょうか?ロケ地としても何度か撮影されているそうです。

美観地区のすぐ側には赤レンガが印象的な「大原美術館」「倉敷アイビースクエア」などがあります。文化と芸術が魅力の倉敷は、綿花や米の集散地としても栄え、倉敷紡積所が建設されたんだそうです。それが現在の複合交流施設の「倉敷アイビースクエア」と再生したのです。赤レンガを覆う様に絡まるツタは、赤に生える緑と美しく彩っています。大きな広場ではイベントも開催されており、素敵な演奏を奏で観客を楽しませてくれますよ。旅行に行くならたくさん見て回れるように早い時間から訪れる方が多いと思います。かくいう私も昼間の美観地区にしか行った事がありません。周囲のお店や施設も結構早い時間帯に閉まってしまうからです。自分で運転しての日帰り旅行なんかだと、施設やお店が閉まってしまうのなら尚更早く帰ろうと思ってしまいがちだと思います。しかし、実は夜間だから見ておいた方良いらしいのです。景観照明というらしいのですが、世界的な照明デザイナーの方がプロデュースされており、とても幻想的な空間を演出しているんとか。昼間の風情溢れる風景も良いですが、夜の顔を表した美観地区はロマンチックなんだそうです。昼と夜とお洒落なデートスポットとしてもお薦めの様ですね。

チボリ公園の跡地に建設された「三井アウトレットパーク」、もう訪れましたか?玄関口であるJR倉敷駅前にオープンした巨大アウトレットモールは利便性もあり立ち寄りやすいですね。美観地区からも近く、観光後の時間つぶしに休憩やショッピングなどにも最適です。JRでは、四国限定ですが「三井アウトレットパーク倉敷きっぷ」という往復JR+お買物引換券3,000円分がセットの今ならお得なプランも用意されているそうです。