格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線格安ツアーで行く季節特集 > JR新幹線格安ツアーで行く夏休み旅行特集 > JR新幹線格安ツアーで行く夏休みの富士急ハイランド旅行特集

JR・新幹線ツアー検索

日本には各地に数々の遊園地が存在しています。ただ、これほどまでに多くの世界一を持っている遊園地は他にないでしょう。ここでは、夏休みの旅行先として、富士急ハイランドをオススメして紹介していきたいと思います。富士急ハイランドといえば、ギネス記録にも登録される様々な絶叫マシンが魅力的ですが、ここではギネスとはまた違ったアトラクションを中心に紹介していきたいと思います。

まず、最近話題になっているアトラクションが「絶望要塞」です。これはブラウザゲームなどとして人気を集めるジャンルのゲーム、脱出ゲームを現実に創りだしたというもので、中には幾つもの謎が用意されています。この謎を解いて脱出を目指すという、知能派のアトラクションとなっています。

ただの迷路とは違って、脱出出来る人はほとんどいないというかなりの高難易度になっており、リニューアルされてからはまだ脱出者がいないという状態です。知恵だけではなく、記憶力、想像力、体力、さらに運も味方にしなければクリアできないアトラクション、脱出を目指してみては如何でしょうか。

また、夏ならばやっぱりホラーで納涼というのも魅力の一つです。ギネス以外で、といいましたが、実はホラー系のアトラクションでもギネスに登録されているものがこの富士急ハイランドには存在しています。それが最恐戦慄迷宮という名前の、病院をモチーフにしたお化け屋敷です。このお化け屋敷はなんと歩行距離900メートルという、ちょっとした運動になる中を進んでいかなければなりません。フリーパスが効かないので、チケットは別途買う必要がありますが、内部の作りは非常に凝っており、怖いのが得意だという人でも声を挙げて怖がれる、そんな場所となっています。

子供と一緒だと流石にちょっと怖すぎるという場合には、入り口近くにあるゲゲゲの妖怪屋敷というお化け屋敷がいいでしょう。こちらはそこまで怖いものではありませんから、お子さんでも十分楽しめます。ヘッドフォンを使って小咄を聞くという、ちょっと変わったスタイルのアトラクションとなっています。

このように、富士急ハイランドには絶叫マシンの他にも楽しめるアトラクションがいくつも存在しています。目一杯楽しんだら、帰りには富士急ハイランドの隣にあるふじやま温泉で汗を流していくというのは如何でしょうか。終わりよければすべてより、メリハリを付けて楽しめるのがこの場所の魅力です。