格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線格安ツアーで行く季節特集 > JR新幹線格安ツアーで行く夏のお盆休み旅行特集 > JR新幹線格安ツアーで行く夏のお盆休みの帰省特集

JR・新幹線ツアー検索

お盆休みは全国各地に旅行に出かけたりするご家庭が増えますが、大きな悩みの一つに帰省ラッシュがあります。出かける際には、タイミングを見計らって出かけていきますが、帰りになると同じようなタイミングで帰省が始まるため、ラッシュに巻き込まれ、長時間の渋滞を乗り越えなくてはなりません。このような帰省ラッシュを避けてお盆休みを楽しむためには会社での休みをずらしてしまうのも一つの方法になりますが、これ以外には時間帯を考えながら行動するしかありません。多くの人が考えるのは朝一に現地を出発し、帰宅するというものになりますが、この場合お昼前から大渋滞に巻き込まれ、深夜まで渋滞で過ごさなければならないケースがほとんどです。

反対に多くの人が規制を始める1日前に出発することが極端な渋滞を回避することにつながります。時間帯としては夕方あたりに出発することで渋滞の少ない深夜に車を走らせ、スピーディーに帰宅するようにしましょう。長距離の運転になってしまうと非常に眠くなりますが、途中で休憩を挟みながら走行を続けるようにすれば、さほど負担を感じることはありません。テレビなどでは帰省ラッシュの情報が次々と紹介されますが、こうした情報を参考にしながら多くの人が行動を起こすので、テレビでの渋滞情報が流れる前に帰省を始めることがポイントになります。またこのようなお盆休みの帰省ラッシュを回避するために、あらかじめ自家用車を使用せず、全て公共機関で移動するというのも一つの手段です。

小さなお子様がいたりすると難しくなりますが、大人だけの場合や、大きなお子様を連れての旅行であれば電車やバスを使ってしまうのも良いでしょう。それからお盆休みを一般的な企業の休みより一日多く取り、連休の最終日の次の日に帰省することで、ほとんど渋滞に巻き込まれることなくストレートに帰宅することができます。多くの人は連休の終わる前日などに帰宅するため、帰省ラッシュにまき込まれてしまいますので、1日ずらせばほぼ渋滞のない平日と同じような状況の中でのんびりと走ることができます。連休が始まる前の帰省ラッシュにまき込まれないようにするためには、やはり早めの行動、それから、連休に入ってすぐの帰省ラッシュが終わってから行動を起こすのが重要なポイントになってくるでしょう。渋滞に巻き込まれてしまうと、それだけで疲労が蓄積されお盆休みを満喫することができなくなってしまうので、しっかりと計画性をもって行動を起こすようにしてください。万が一渋滞に巻き込まれてしまった時には途中のパーキングエリアに立ち寄って、思い切って仮眠をしてしまうなどというのも疲れを取り除き、渋滞を回避するための方法だと覚えておきましょう。