格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR新白河駅

JR・新幹線ツアー検索

福島県にあるJR新白河駅は、西白河郡西郷村にあります。在来線のJR東北本線とJR東北新幹線が乗り入れている駅で西郷村と白河市の境界にあります。そのためホームの1部が白河市となっており、JR新幹線の停車駅の中で唯一住所が村となっているのがJR新白河駅です。JR新白河駅は、昭和19年に貨物を取り扱いする場所として利用されはじめました。その後、昭和34年に磐城西郷駅としてJR東北本線の停車駅に昇格します。JR東北新幹線の路線計画が進められていき、開業と同時にJR新白河駅に名称が変更され停車駅になりました。それまで行われていた貨物の取り扱いを廃止していましたが、国鉄の分割民営化が行われるとJR貨物の利用駅となります。しかし、平成の時代に入ると貨物列車の利用がなくなります。JR新白河駅の管轄も東京支社から仙台支社に変更されます。

JR新白河駅は地上駅にJR東北本線があり高架駅にJR東北新幹線のホームがあります。JR新白河駅となっておりますが、JR東北本線の駅とJR東北新幹線の駅が別々になっているようなイメージがあります。JR新白河駅は乗り換えを目的としているので、メイン路線はJR東北新幹線となります。駅周辺もJR東北新幹線側とJR東北本線側に区別されており、発展の度合いも大きく違います。JR新幹線ホーム側は白河市と面している場所がさらに開けている状態です。JR東北新幹線を利用することでこのJR新白河駅から東京都に約90分で行ける距離にあります。そのため首都圏への通勤のために利用者の多くがJR東北新幹線を利用しています。また、仙台までの距離も東京と同じ距離にあるので両方の中間地点にある駅です。在来線のJR東北本線の利用がありますが、乗り換えのために利用されており、そのことは駅構内図を見てもわかります。

駅の敷地面積の大部分が西郷村となっている駅ですが、周辺地域は発展しており、これも隣接している白河市の影響が大きいです。西郷村と白河市はJR新白河駅を挟んで相互に利用して発展している関係です。また駅近くには大手の工場が進出しており、この通勤にも便利な距離にあります。西郷村は日本で3番目に大きな村となっており、村内にはインターチェンジや大型の商業施設等が建設されているので、財源となる施設が豊富です。何度か白河市からの合併の話がありましたが、財源を確保している西郷村は、合併を拒み独立路線を展開しています。商業施設が多い西郷村は、JR新白河駅からの路線バスが運行しております。その1部は観光名称をめぐる路線バスとなっております。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ