格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR山形新幹線

JR・新幹線ツアー検索

JR山形新幹線は、福島県にある福島駅からJR山形駅にあるJR新庄駅までの間を、ミニ新幹線方式により結ぶ路線と、その路線を走る列車の通称で、JR東日本(東日本旅客鉄道)により運営されています。つまり、JR山形新幹線というのはあくまでも通称なので、正式にこの名称を持つ路線というのは存在しません。JR東京駅‐JR福島駅間ではJR東北新幹線との直通運転を行っているので、広義では「つばさ」が走行している区間であるJR東京駅‐JR山形駅‐JR新庄駅間をJR山形新幹線と案内しています。JR山形新幹線が開業したのは1992年で、新在直通方式のミニ新幹線としてでした。その名からわかるように、JR福島駅とJR新庄駅を結ぶ地域の殆どが山形県内にあります。正式には、この区間は在来線である奥羽本線の一部なので、この区間を走る特別急行列車「つばさ」も在来線列車として区分されます。JR山形新幹線の在来線区間は、踏み切りが存在することや130km/hをオーバーする速度での安全設備が未整備であったり、福島県と山形県境に急勾配区間があることなどから、最高速度が130km/hとなっています。

JR山形新幹線は、朝と夜に走る一部の列車を除けば、JR東北新幹線においては仙台を発着する列車「やまびこ」と併結して走行します。JR山形新幹線が開業した当時、併結車両は2001年9月までは200系でしたが、その後E4系MAXやまびことなり、2012年9月からは全ての列車がE2系(やまびこ)となりました。「やまびこ」と併結する列車は、基本的にやまびこのように東京、上野、大宮、宇都宮、郡山、福島の各駅に停車します。全区間単独運転列車の場合は上野と宇都宮には一部の列車のみが停車し、郡山は通過します。車体の色は銀色にグリーンのラインであり、窓周りは黒と緑の細帯に塗装されていて、開業当時の一般的なイメージであった白やクリーム色などの車体の中では目立っていました。JR山形新幹線の駅で、「つばさ」が停車するのは福島、米沢、高畠、赤湯、かみのやま温泉、山形、天童、さくらんぼ東根、村山、大石田、新庄の各駅で、11駅あります。JR山形新幹線の利用状況は、山形県を目的地とする利用客のうち東北新幹線沿線(東京都・埼玉県・栃木県・福島県)からの年間旅客数は100万人近く、中でも東京都からの利用が最も多くなっています(2000年時点)。また、山形県を出発地とした年間旅客数は約113万人で、中でも東京都を目的地としている利用客が最も多くなっています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ