格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR上野駅

JR・新幹線ツアー検索

東京の北の玄関口と呼ばれているJR上野駅は、東京の起点駅となった歴史ある駅です。東京都内ではJR東京駅以外でJR新幹線の停車駅となっているのが、JR上野駅とJR品川駅です。JR上野駅は、鉄道の黎明期から東日本の玄関口として機能しており、集団就職の終点駅です。上京してきたときの記憶を思い起こさせる場所として、今の高齢者の中には大変記憶に残る駅といえます。この駅は、東京都内でも重要な駅の1つとなっておりJR東日本の東京都と関東の各県を結ぶいくつかの路線がこの駅を経由してJR東京駅方面へと路線が進んでいきます。県外からこの駅に停車する路線はJR宇都宮線、JR常磐線、JR高崎線やJR京浜東北線があります。JR上野駅にはJR東日本の路線、に加えて、東京メトロの路線が乗り入れている駅です。

JR上野駅の開業は古く上野から熊谷間の開業が始まったのが日本の鉄道の始まりとなっています。したがって、日本で最初に開業した駅の1つがこの駅になります。その後、東京都内だけでなく周辺の各県の都市に路線が拡張されていき、JR上野駅は大きく発展していきます。戦後の東京オリンピック開催によりJR新幹線の開業が進められると東北でも建設計画が進められてきます。しかし、その計画はゆっくりしたもので昭和52年にやっとJR東北新幹線の駅建設が決定されます。この時点において、JR上野駅は停車駅として決定しておらず、駅周辺の建設請願運動によって停車駅に決まったのです。昭和60年にJR東北新幹線が開業しその後、JR上越新幹線、JR新潟新幹線やJR山形新幹線が開通すると、これらの路線の停車駅となりました。その後も拡張工事等を進めて平成26年にその工事が完了します。

東京メトロの路線が乗り入れています。この関係で、JR上野駅に停車するJR新幹線の利用客がJR東京駅まで乗車せずに東京メトロを利用するため、この駅で下車する人が増えています。この相互乗り入れの影響で新宿方面に移動することで、スムーズに行えることになり新幹線の利用が便利になります。反対に東京から利用する時も、東京駅ではなく上野駅を利用することで時間短縮ができます。全国でJR新幹線の駅が数多くありますが、JR上野駅は他の駅と違っているところがあります。それは、この駅では専用改札口が存在していないことです。在来線の改札口だけでホームに行くことが可能となっております。これについてはいくつかの理由がありますが、この駅は中央改札口がとても広くなっております。そのため専用改札口を設置する必要がないと言われております。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ