格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR豊橋駅

JR・新幹線ツアー検索

愛知県豊田市にある「JR豊橋駅」は、JR東海道新幹線をはじめとし、JR東海道本線、飯田線、名鉄名古屋本線などが乗り入れる駅です。JR新幹線の他、JR貨物の取扱もあり、非常に大規模な集合駅となっています。JR豊橋駅の周辺は、路面電車や路線バスをはじめとした公共交通機関が集中しているスポットであり、東三河の交通拠点として非常に大きな役割を果たしています。このJR豊橋駅の開業は1888年9月。豊橋は江戸時代に東海道の宿場町、吉田藩の城下町、豊川の湊町として栄えた場所であり、その後文化が移り変わって、交通手段が鉄道となっていくときもまた、中心地点となっていったのです。1897年には、現在の飯田線の原型である私鉄豊川鉄道が開通。1908年には、豊橋市に隣接する高師村に陸軍第15師団が設置され、その影響により市内にも大きな変革が起きました。乗客数や貨物数が大幅に増加したため、JR豊橋駅も駅の拡張を求められ、1911年に着工、1916年には新しい駅舎が完成しています。1927年には、現在の名鉄の前進となる愛知電気鉄道が乗り入れを開始し、乗客数を飛躍的に伸ばしました。太平洋戦争中の1943年には、豊川鉄道が国有化され、国鉄飯田線となります。空襲で駅舎を焼失してからは、一部をバラックで営業し続けていました。

1964年10月、JR東海道新幹線がJR東京駅からJR新大阪駅まで開通された際、JR豊橋駅にもJR新幹線の駅が設置されます。このことで、駅周辺は更なる開発に向かって大きく進んで行きました。駅ビルをはじめとする商業施設の充実や、駐車場や宿泊施設の整備が進み、歩行者や車両の混雑を解消するため、約700メートルもある地下道も整備されました。JR豊橋駅は貨物の取扱も行っています。豊橋おフレールステーションをはじめとし、多くの貨物対策が行われています。ただし、駅自体からコンテナが発着されることはないおフレールステーションの形態をとっており、車止めが設置され、旅客駅とは完全に分断されている状態になっているのです。

周辺地域の中心駅であるため、列車ダイヤは高速で高密度化しているのが現状です。JR東海道本線は、平日早朝は名古屋方面への快速列車が非常に多く発車しているほか、名鉄も平日始発からラッシュ時間帯の列車はすべてが特急列車となっています。帰宅時間帯も類似の対策がとられており、特別化企画乗車券の販売も行われています。現在、JR東海道新幹線は「のぞみ」が全便通過、「ひかり」と「こだま」が約2時間ごとに停車するダイヤ状況となっています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ