格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR東海道新幹線

JR・新幹線ツアー検索

現在、国内では6つの路線のJR新幹線が開業しています。その中で、JR東海道新幹線はJR東日本旅客鉄道により運営されている路線です。その区間の大半を200キロメートル毎時以上の高速度で走行する幹線鉄道が、新幹線鉄道と定義されています。日本で初めてのJR新幹線の路線が、JR東海道新幹線です。開業されたのは1964年(昭和39年)10月のことで、当時はまだ日本国有鉄道(国鉄)が運営していました。JR東海道新幹線は、JR東京駅を起点として、JR新大阪駅までを結ぶ高速鉄道路線と、その列車(JR新幹線)です。その中の多くの列車が実際にはJR山陽新幹線に直通する運行体制にあるので、「JR東海道・山陽新幹線」という名称で呼ばれることも多いです。JR東海道新幹線は日本初の高速鉄道で、国内のJR新幹線の中では最も古い歴史を持っています。かつて、東西の大動脈であった東海道本線の線路容量が逼迫していた状況から、国鉄が高速運転可能な標準軌新線建設を決定し、1959年(昭和34年)に着工し、1964年10月、東京オリンピックの開幕直前に開業したのです。ちなみに、「新幹線」という名称は、JR東京駅からJR下関駅間で戦前に計画されていた「弾丸列車」の内部呼称からとられたとされています。2012年の時点で、JR東海道新幹線はJR東京駅‐JR新大阪駅間を最高速度270km/h、所要時間は最速で2時間25分で走っています。

JR東海道新幹線は現在、日本の三大都市、東京、名古屋、大阪間を高速で移動するためのなくてはならない交通手段のひとつとなっています。列車本数は1日当たり330本以上、輸送人員は1日当たりでおよそ38,6万人という数字からも、多くの人たちの重要な足となっていることがわかります。また、年間収益はおよそ9,995億円となっており、世界でも有数の輸送サービスを提供する鉄道路線のひとつです。JR東海道新幹線の距離は、実キロで515.4km、営業キロでは552.6kmで、駅数は起点と終点駅を含めると17駅になります。うち、JR東海道新幹線の単独駅は2駅です。運行形態は、開業以来規則的なパターンダイヤを採用していて、早朝や夜間、臨時列車を除けば基本的に1時間前・後の、同じ分の列車は、列車種や停車駅、運転区間も同じとなります。1日当たり300本近い本数を走行させている過密ダイヤですが、お正月、年末年始やゴールデンウィーク(GW)、夏休み、お盆などの繁忙期には、1日で370本近い列車が走り乗車率も高いです。走行する列車は、主に「のぞみ」「ひかり」「こだま」の3種類です。「のぞみ」は、最速達タイプの列車であり、全体の約5割を占めています。現在では「ひかり」に代わる主軸列車として、大幅な増発が行われ、すべてN700系が走行しています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ