格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR新横浜駅

JR・新幹線ツアー検索

神奈川県横浜市港北区篠原町、新横浜二丁目にあるJR新横浜駅は、JR東海、JR東日本、横浜市営地下鉄の駅。新横浜駅は横浜市の玄関口の役割を担う駅です。JR新幹線駅開業に伴う変化について、JR東海道新幹線が開業した当時、JR新横浜駅周辺は田園地帯ののどかな風景が広がる地域でした。各駅停車の「こだま」だけしか停車しませんでしたが、徐々に「ひかり」の停車本数が増え、地下鉄の駅も開業し横浜中心部へのアクセスがよくなったこと、「のぞみ」の停車本数が増えたことで、2008年3月からは新幹線の全部の列車が停車する駅へと進化しました。JR新横浜駅には、JR東海の東海道新幹線、JR東日本の横浜線、横浜市営地下鉄のブルーラインが乗り入れています。JR新横浜駅の構造は、JR東海道新幹線は島式ホーム2面4線を持つ高架駅で、横浜線と横浜市営地下鉄の2本の線とななめに交差しています。JR新幹線利用者が多いため、その混雑防止のために平日9時までに新横浜駅を発車するのぼりの「のぞみ」と「ひかり」に、新幹線定期券や自由特急券で普通車指定席の空席に座ることができる措置を取っています。待合室は各フロア、下りホーム合せて4ヵ所、エスカレーターは東乗換口、西乗換口に下り、上りともに2ヵ所設置されています。JR横浜線は島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、土休日に運行される特急「はまかいじ」を含め、全部の列車が停車します。また、JR横浜線には車いす対応エスカレーターが設置されています。横浜市営地下鉄は島式ホーム1面2線を持つ地下駅で、地下2階にホームがあります。新幹線改札口、新幹線東乗換口、新幹線西乗換口、北口在来線改札は新幹線高架下の2階にあります。当初使用できなかったSuicaも現在では対応できるようになり、TOICA、ICOCAの利用も可能です。

イベント会場が多いJR新横浜駅周辺。JR新横浜駅周辺はオフィスビルや商業施設が数多く建ち並び、北口は横浜国際総合競技場や横浜アリーナなどのイベント会場の最寄り駅として多くの人が利用しています。イベントが開催される日などは、多数の利用客があるため深夜におよぶ列車の増発なども行われています。一方で篠原口は商業施設などのビルが少なく、住宅地や畑などが広がるのんびりとした雰囲気です。新横浜駅周辺はもともと水田や空き地が広がる地域でした。現在では、ラーメン博物館や病院、ホテルなどの施設が建設され、にぎやかや地域となっています。北口と篠原口とを結ぶ地下通路が設置されているので便利です。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ