格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR新八代駅

JR・新幹線ツアー検索

九州旅客鉄道のJR新八代駅は、熊本県八代市にあります。八代市内にJR新幹線を作ることになった際に、最初はJR八代駅に併設する予定でしたが、八代駅北側に製紙工場があったため、JR鹿児島本線千丁駅、JR八代駅間に新しく現在の駅を作った、という経緯があります。JR新八代駅に乗り入れているのは、JR九州新幹線鹿児島ルートと、在来線のJR鹿児島本線の2本です。JR新幹線と在来線の併設駅です。JR新幹線においてはJR鹿児島中央駅発着の「つばめ」と「さくら」が停車。「さくら」のうち市の長か駅発着の列車も停車します。在来線に関しては、快速「スーパーおれんじ」を除くすべての列車が停車します。2011年3月のJR九州新幹線の全線開業にともない、JR新八代駅はJR九州新幹線の途中駅となったため、新たに上り本線として11番線を使用するようになり、通過列車が設定されることとなりました。さらに、2012年3月のダイヤ改正と同時に、速度制限解除が適用され通過列車の速度が早くなり、駅を通過する所要時間も短縮されたのです。途中駅となる前は、新幹線ホームでは新幹線「つばめ」と在来線特急の「リレーつばめ」の対面接続が行われていましたが、途中駅となった現在では対面接続は廃止となりました。

JR新八代駅の構造は、JR新幹線の駅と在来線の駅は別個の駅舎が設置されています。2つの駅は離れてはいないものの、乗換改札口は設置されていません。みどりの窓口と自動権発売機はあります。JR新幹線は相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。在来線は相対式ホーム2面2線を持つ地上駅です。博多方面には肥薩おれんじ鉄道から乗り入れるための留置線が設置されています。また、2012年からSUGOCAの使用ができるようになっていて、ICカード専用簡易改札機があります。人気のある駅弁については、駅で販売されている主な駅弁には、このしろ寿司、阿蘇赤うし、肥後牛とろ玉しぐれ、天草大王地鶏かしわめし、天草大王、などがあります。球磨川の天然鮎の出ジルで炊いたご飯に鮎の甘露煮がのっている鮎屋三代は、JR九州の駅弁人気ランキングでも大人気の駅弁です。のどかな自然の中にある駅で、JR新八代駅の周辺はほとんどが田畑というのどかな風景が広がっています。新八代駅の表玄関とも言われる東口には駐車場や高速バスの発着所があり、駅前広場にはモニュメントが設置されています。徒歩約5分のところにはスポーツミュージアムや物産館もあります。JR新幹線と在来線をつなぐ連絡口である南口には駐輪場、西口には一般路線のバスの発着所があります。JR八代駅側は住宅地となっています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ