格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR新玉名駅

JR・新幹線ツアー検索

熊本県玉名市にあるJR九州新幹線の駅であるJR新玉名駅。JR新幹線単独駅で、玉名市の主要駅であるJR玉名駅からは4km離れた位置にあります。2011年に開業したJR新幹線の駅で、2012年にはJR九州がダイヤ改正をしています。JR新玉名駅のデザインコンセプトは「森の中の駅」です。鉄筋コンクリート2階建の駅舎で、木立や蔵をイメージさせるデザインとなっています。ガラス張り壁には木材で覆われた鉄骨で組み立てられ、木と木の間から光が差し込む森の中を印象づけています。駅の出入り口には石橋や蔵などを採用し、歴史を感じさせる雰囲気作りがなされています。近代的な雰囲気よりも、ぬくもりやあたたかみ、やすらぎなどを感じさせるデザインが特徴です。JR新玉名駅は、相対式ホーム2面2線を有する高架駅であり、可動安全策が設置され転落などの事故がないような配慮がなされています。みどりの窓口もあり、自動改札機も設置されているJR新幹線の駅です。JR新玉名駅の構内には売店のほか、観光プラザがあります。観光プラザには土産物などの売店、観光案内所として利用されています。また、薬草料理のお店やレンタカーなどの営業所も併設されています。観光プラザでは、駅弁も販売しています。どのような駅弁が販売されているかというと、玉名まるごと四季彩薬草弁当、山菜とりめし、山菜寿司、南関揚げ巻きずし弁当大蛇の鐘などといった種類の駅弁があります。山菜とりめしは、熊本産の鶏肉を秘伝のたれでじっくり煮込んで味付けしたものです。駅弁にも山菜を扱ったものが多いのは、玉名市は薬草の街と言われるほど山菜が豊富だからなのです。玉名まるごと四季彩薬草弁当は、ミニトマト、南関あげ、南関米、熊本産のナスといんげんなど地元で取れた食材を使って作られています。JR新幹線の旅には欠かせない駅弁。地元の食材が使われている駅弁は地域の味を知ることができ、新鮮でもあります。

JR新玉名駅の周辺には何がある?JR新玉名駅は風光明媚な自然の街。田園地帯が広がる景色の中に、駅があります。大学や中学校、小学校などの学校も多く、大型量販店などもあります。駅は南口と北口があり、駅前には広い駐車場が整備され、駅を利用する人にとっては便利です。駐車場が無料開放なのも助かります。また、駅前にはバス停があり、複数のバスが乗り入れています。JR玉名駅には行くにはバスやタクシーを利用しなければなりません。新幹線JR新玉名駅とJR玉名駅とは選択乗車が可能になっています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ