格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR大石田駅

JR・新幹線ツアー検索

旅行先として大石田を考えている人もいることでしょう。大石田はJR新幹線を利用して訪れることが可能な場所です。大石田ではJR大石田駅があり、そちらがJR新幹線通過駅となっています。JR新幹線を利用して訪れるおとが可能となれば、遠くからでも気軽に出向くことが可能ですよね。JR大石田駅までJR新幹線で訪れ、それから旅行計画を立ててみるといいでしょう。JR大石田駅を拠点にすると、観光もしやすくなります。JR新幹線でJR大石田駅までのルートを調べてみると、お得な切符が販売されている可能性もあるので、そのあたりも踏まえてチェックしてみるといいでしょう。大石田ですが、歌枕でも有名な地です。歌枕に興味がある方はぜひとも大石田を訪れたいところです。まずは必ず行ってみたいのが「板垣家庭内歌仙さみだれの碑」です。板垣家庭内歌仙さみだれの碑は大石田にある高野一栄さんのお宅で、一緒に同行していた曽良と同地の高桑川水と4人で詠んだ際の歌です。ここではかの有名な芭蕉が詠んだ「五月雨を あつめてはやし 最上川」を句碑にしたものとなっています。残念ながら現在は当時の建物はなくなっており、歌碑だけが残っている状況です。歌碑からも当時の面影が伝わってきます。JR大石田駅から徒歩15分なので歩いて気軽に行くことができます。また「田沢沼森義八郎顕彰碑」についても見ておきたいところです。田沢沼森義八郎顕彰碑は森義八郎氏を顕彰するために建てられたものですが、森さんの代表作でもある「走れトロイカ」の碑となっています。走れトロイカは聞いたことがあるといった人も多いのではないでしょか?森さんはもともと田沢出身です。奉祝国民歌「紀元二千六百年」「走れトロイカ」など数々の名作を提供したの作曲家としても活躍されました。田沢沼森義八郎顕彰碑はJR大石田駅から車で10分ほどの場所にあります。

「町立大石田歴史民俗資料館齋藤茂吉歌碑」についても足を運びたいところです。こちらは「螢火をひとつ見いでて見守りしがいざ帰りなむ老の臥処に」でおなじみのスポットです。歌人の齋藤茂吉に関する資料を収蔵しています。齋藤茂吉のゆかりの場所となっています。町立歴史民俗資料館の庭内に設置されており、茂吉が大石田で約2年間を暮らした聴禽書屋は現在も保管されています。大石田駅より車5分ほどの場所です。このように歴史上でもおなじみの人物のゆかりの地であるのも大石田の特徴です。一生に1度は立ち寄りたいスポットとして是非チェックしてみてはどうでしょうか?

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ