格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR小田原駅

JR・新幹線ツアー検索

神奈川県小田原市にあるJR小田原駅は、JR東日本、JR東海、JR貨物、小田急電鉄、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道の駅です。神奈川県西部の主要駅で、観光客が多く利用する駅もあります。JR小田原駅の乗り入れ路線は、JR小田原駅には、JR東日本・JR貨物の東海道本線、JR東海の東海道新幹線、小田急電鉄の小田原線、箱根登山鉄道の鉄道線、伊豆箱根鉄道の大雄山線が乗り入れています。それぞれの線が橋上駅舎によって結合されています。JR東海道新幹線は1日15本の「ひかり」と「こだま」が停車しますが、多くの列車が小田原駅終着・始発となっています。JR小田原駅の構造は、2003年3月に完成した橋上駅舎は、東口と西口の通行を可能にしました。東口と西口を結ぶ通路は幅の広い道路で、通路内には小田原市の観光案内所が設置されています。JR新幹線は高架駅ですが、他はすべて地上駅です。地上3階にはJR東日本、小田急、箱根登山鉄道、地上1階にはJR東海、地上2階に伊豆箱根鉄道の改札と駅事務室があります。JR東日本は島式ホーム2面4線。湘南新宿ラインと通勤快速は小田原駅が始発・終着、東京発着の普通列車の中でも、同駅起終駅の列車があります。快速「アクティー」は小田原駅で普通列車に接続するとともに、快速「アクティー」や特急「踊り子」との接続を取ることが多いです。JR小田原駅には「踊り子・リゾート踊り子」の全列車、「スーパービュー踊り子」の一部の列車が停車します。朝は「湘南ライナー・おはようライナー新宿」の通勤列車が走り、夜には「湘南ライナー・ホームライナー小田原」・通勤快速の終着駅となります。伊豆箱根鉄道は頭端式ホーム1面2線、列車が1番線と2番線を交互に使用しています。駅舎の建物は独立していて、駅の2階に配置され、コンコース内にはや目的トイレ、売店、旅行会社があります。小田急電鉄・箱根登山鉄道は2面3線の島式ホームで、一部は切り欠きホームという特殊な構造で、全てのホームが地上でつながる形となっています。乗り換えもしやすく、バリアフリーも設置。全ての人が便利に利用できる配慮がなされています。JR新幹線のホームは高架上にあり、相対式ホーム2面2線を有しています。エレベーターとエスカレーターは新幹線のすべてのホームに設置され、コンコース内には多目的トイレも設置。改札の外には本屋、飲食店、コンビニエンスストアなどがあります。JR小田原駅の駅弁のご紹介です。JR小田原駅には、こゆるぎ茶めし、たいめし、金目鯛炙り寿司、牛そぼろときのこの山物語、サクラエビとじゃこの海物語などの駅弁があります。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ