格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR那須塩原駅

JR・新幹線ツアー検索

栃木県にあるJR那須塩原駅は、在来線のJR東北本線とJR東北新幹線の乗り換えを行うことができる駅です。JR那須塩原駅は、かつて東那須駅と呼ばれており、塩原の温泉郷の玄関駅である西那須野駅と那須高原の玄関駅となっている黒磯駅に挟まれています。この2つの駅に特急が停車するため、東那須駅は当時急行電車も停まらない小さな駅でした。この東那須野駅が注目される様になったのは、JR東北新幹線の開業による影響です。当時の西那須町、大田原市と黒磯市が地元の停車駅をめぐって誘致活動を行った結果、この3つの街の中間にある東那須野駅が停車駅に決定したのです。この決定により、東那須野駅は地元にとって重要な駅に出世しました。しかし、東北新幹線の建設計画の段階では駅の名前が新那須となっていましたが、開業間近になると塩原を駅名に入れる動きが発生しました。最終的にJR那須塩原の駅名に決定し、今の駅として新たに誕生したのです。

JR東北新幹線の開業により注目されることになったJR那須塩原駅は、路線が開通してからは皇族の那須御用邸の最寄り駅が、黒磯駅からJR那須塩原駅に変更されています。JR東北本線の普通列車の停車駅となっていましたが、JR東北新幹線の開通によって名称がJR那須塩原駅に変更し、駅構内はJR東北新幹線がメインとなっています。JR東北本線の普通列車の停車駅でしたが、JR東北新幹線の開通により停車する在来線の本数が増加し普通以外に通勤快速や快速も停車しています。当駅は、JR新幹線を利用する人たちが多く乗車しています。2012年の1日平均の乗車人員は約5,000人です。駅前大きな鍋がありますが、オブジェ用として展示している鍋ではないようです。地元の祭事のときにはこの鍋で調理を行うことができます。乗車サービスとなっているSuica定期券は、首都圏エリアでは当駅まで利用できます。

JR那須塩原駅は現在那須塩原市にありますが、この街は2005年に黒磯市、塩原町と西那須町が合併をして那須塩原市になります。この街の名称は、駅名である那須塩原が反映されております。皇族の保養地があるだけでなく、観光名所をも多く存在しており、冬のスキーシーズンは大変な賑わいがあります。駅近くには栃木県北部では、大型ショッピングモールの企業が複数進出をしています。当駅はJR新幹線ホームと在来線ホームに区別することができJR新幹線ホーム側は、街として発達しており正面玄関となっております。路線バスや駐車場そしてビジネスホテルなどの施設が充実しております。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ