格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR三島駅

JR・新幹線ツアー検索

静岡県三島市一番町にあるJR三島駅は、JR東海、JR貨物、伊豆箱根鉄道の駅です。三島市の主要駅としての役割を担います。JR三島駅の乗り入れ路線は、JR三島駅にはJR東海の東海道新幹線、JR東海・JR貨物の東海道本線、伊豆箱根鉄道の駿豆線が乗り入れています。新幹線の駅舎と伊豆箱根鉄道の駅舎は分かれているものの、駅構内は隣り合わせで、線路がつながっています。JR東海の南口駅舎は、雄大な富士山と歴史を感じさせる重厚な三島大社をイメージしたもので、中部の駅百選にも選定されています。JR三島駅に停車するのは東海道本線では普通列車がほとんどではありますが、東海道本線と駿豆線を直通運転する特急「踊り子」は停車します。東海道新幹線は「こだま」の全部の列車と「ひかり」が1日上下6本ずつ停車する三島駅には、三島駅発着列車の「こだま」もあります。

JR三島駅の構造は、在来線のホームが駅の南側、JR東海道新幹線のホームが北側にあり、在来線は地上、新幹線は高架上に位置しています。JR新幹線は島式ホーム1面2線を有し、ホームの外側に本線が設置されている構造になっていて、この構造は全国でもJR三島駅のみです。新幹線ホームが2面2線の通過本線がないため、「こだま」の大半は通過列車の待ち合わせを行うことに。新幹線のホームには立ち食いそばやコンビニエンスストアのほか、駅弁も販売されています。在来線は島式ホーム2面4線を有し、内側の2・3番線が本線、外側の1・4番線は副本線となっています。JR三島駅の構造の特徴の一つとして、平面付き2段階エスカレーター・オートウォークが設置。階段状になっていない平面のオートウォークは在来線ホームの南側にある南口と、新幹線ホームの北口に設置。新幹線の改札内にはギフトショップや飲食店などがあり、食事や買い物をする利用客が多く訪れます。伊豆箱根鉄道は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を有する地上駅です。ホームには休憩所と売店があります。

販売されている駅弁は、JR三島駅でしか購入できないのが「三嶋旅情 頼朝旗挙げ御膳」です。三嶋代謝で平氏打倒の旗挙げをした源頼朝をモチーフに作られた駅弁です。「清流うな重」は三島名物のうなぎを使用した駅弁、「桜えびめし」は、静岡市由比・蒲原で揚げられた桜えびを使ったものです。ほかにも、三嶋物語 おおね御膳、港あじ鮨、地鶏どん、助六寿司、さとやまのさち、いずの思い出 文士の玉手箱などたくさんの種類の駅弁を購入することができます。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ