格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR北上駅

JR・新幹線ツアー検索

JR北上駅はJR東日本およびJR貨物が管轄する駅です。岩手県北上市大通り一丁目に位置しています。JR東北新幹線だけでなく、在来線のJR東北本線とJR北上駅が接続しているターミナル駅となっています。なお、JR北上線は当駅が乗り入れ駅となっています。JR北上駅はJR新幹線の高架駅と在来線の地上駅となっています。JR新幹線側のホームは2面3線、在来線は2面4線となっています。平均的な乗車人数は2012年度の統計によると3,747人となっています。JR北上駅の歴史は古く、1890年(明治23年)の11月に開業しています。日本鉄道の黒沢尻駅という一般駅としてスタートしたのです。その後、1906年(明治39年)には国有化されました。1921年(大正10年)になると路線が拡大。横黒線が開業しています。現在の名称となったのは1954年(昭和29年)。地名からとったJR北上駅として改称されます。その後、JR東北新幹線が開通するのは1982年(昭和57年)のことです。

JR北上駅は東北・秋田新幹線と接続しています。仙台や宇都宮、大宮、東京といった関東方面へのアクセスや盛岡、新青森、秋田方面へ向かうものがあります。通常は12,13番線に入線するようになっていますが、当駅から折り返す列車は11番に入線することになります。駅の改札口は東口・西口と二か所にあります。西口が駅の正面となっており、公的機関や商業施設が集中しているエリアです。また、在来線のりばとなっており、当駅の利用者が乗り換えをする際にも活用されます。新幹線のりばについては、在来線から地下道を通って東口側までアクセスすることになります。なお、みどりの窓口や自動券売機、駅構内にはコンビニエンスストアといった施設があります。東口は新幹線乗り換え口が併設。観光案内所はこちら側にあります。また、駅に設置されている施設は西口同様、みどりの窓口と自動券売機、コンビニエンスストアがあります。なお、飲食店も設置されているのが特徴です。どちらかと言えば、東口は川のすぐそばになっていることから駅のホームとして機能しています。JR北上駅はJR貨物駅として機能している時期がありました。あくまでも車扱貨物の臨時取扱駅として機能しており、貨物設備や専用線の接続などはありません。当時、駅の西口側に油槽所があったことから専用線が駅から分岐していたのですが、こちらが閉鎖されたために2001年(平成13年)に廃止。なお、国鉄分割民営化がされる前は車扱貨物専用のホームもありました。

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ