格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JRかみのやま温泉駅

JR・新幹線ツアー検索

疲れがたまってきたときは「温泉へ行きたい」と思うのはまさしく日本人の心のよりどころとも言えます。日本は活火山が多く、古くから温泉に入る習慣がある国です。温泉に入ってゆっくりたいといった人も多いことでしょう。温泉はリラックス効果があり、癒しを求めて訪れる人が多数見られます。温泉と言えば「東北」の地はかなりメジャーなスポットです。東京から比較的気軽に足を運べる山形も温泉が大変豊富な地として知られています。そんな山形でも特におすすめなのが「かみのやま温泉」です。かみのやま温泉はJRかみのやま温泉駅から気軽に行くことが可能です。JRかみのやま温泉駅はJR新幹線で行くことができます。JR新幹線が利用できるとなれば、アクセス状況もかなり良いといったことがわかるかと思います。JRかみのやま温泉駅でJR新幹線を利用して、温泉へ行くのがおすすめです。また旅館宿泊がJR新幹線のチケットとセットなっているケースもあるので、そちらもチェックしてみるといいでしょう。旅館宿泊とJR新幹線のチケットがセットのものは、価格が安価であることも特徴です。JR新幹線でJRかみのやま温泉駅を利用することで、かみのやま温泉もぐんと身近になるといった利点があります。

かみのやま温泉の由来についても気になるところですよね。かみのやま温泉は別名「鶴脛の湯」とも呼ばれています。鶴脛の湯といったいわれですが、長禄2年(1458)に現在の佐賀県にあたる肥前の国から月秀という僧が旅をしていました。その際、沼地に湧いていた湯に一羽の鶴が脛をいためて、脛を浸しており、傷がいえて飛び去る姿を目撃したのもはじまりだと言われています。湯町と呼ばれる場所にある「鶴の休石」については、その鶴が休んだ石としても知られています。これらの由来がかみのやま温泉の発祥となっており、現在に至るまで語り継がれています。このあたりは温泉が豊富なことでも知られており、地区ごとに色々な温泉があると言っても過言ではありません。湯町や十日町、新湯、高松、葉山、河崎など、色々な温泉地がありますが、これら全てを「かみのやま温泉」と呼んでいます。つまりかみのやま温泉はこのあたりの温泉の総称とも言えるものなのです。城下町として栄えた歴史もあり新湯や湯町の界隈には、蔵や屋敷など当時の面影を残す建物が数多くあります。場所によってロケーションも異なってくるため、時間がある人は湯巡りをしてみるのもおすすめです。JR新幹線の利用でぐんと近くなった山形県。JRかみのやま温泉駅からかみのやま温泉をめぐる旅も良い思いでとなることでしょう。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ