格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR上越新幹線

JR・新幹線ツアー検索

JR上越新幹線は、JR東日本(東日本旅客鉄道)が運営している高速鉄道路線とその列車(新幹線)で、JR大宮駅からJR新潟駅までを結びます。JR上越新幹線は、全国新幹線鉄道整備法に基づいた新幹線鉄道として、日本で初めて新幹線鉄道の基本計画に盛り込まれた、3つの路線のうちのひとつです。1971年の基本計画の決定・整備計画の決定の後に着工され、1982年11月に大宮-新潟間が開業しました。その後、JR東北新幹線の上野-大宮、東京-上野間の開業に伴って順次運転区間が延長されました。群馬県から新潟県の区間、高崎-長岡間は途中三国山脈を通過するので、路線の大部分がトンネルです。また、新潟県内は世界でも有数の豪雪地帯であることから、新潟県内を中心にスプリンクラーを使った融雪設備が整備されています。また、新潟県内の駅の線路とプラットホーム全体は屋根によって覆われているなど、雪害対策は入念に行われています。その効果もあって運行において雪による障害はめったに見られません。JR上越新幹線は、関東平野や越後平野などの平野部ではほとんど高架上を走行します。

JR上越新幹線の、それまでのJR東海道・JR山陽新幹線やJR東北新幹線と異なる点は、本州を横断する新幹線ということです。本州の太平洋側と日本海側とをつなぐ初めてのJR新幹線ということでも開業当時注目されました。「上越」という名前は、並行在来線であるJR上越線(JR高崎駅-JR宮内駅)に由来しています。これは、もともとは群馬県と新潟県の旧令制国名である「上州」と「越後」から来ています。よって、新潟県の上越地方とは全く別の地域です。JR上越新幹線の最高速度は全線において240km/hで、区間の大半が直線主体の線形であることから、最高速度での走行が可能になっています。ただ、高崎-上毛高原間にある「中山トンネル」は、建設に困難を伴い、結果的に当初の計画からは大きく迂回したルートへ変更され、急曲線を含む線形となったことから、このトンネル付近では160km/hの速度制限が設けられています。

越後湯沢-ガーラ湯沢間は冬期のみ営業されます。JR大宮駅-JR新潟駅間のJR上越新幹線の実キロ(路線距離)は269.5kmで、営業キロは303.6kmで、12の駅があります。東京-新潟間を通して運転しているのは「とき・Maxとき」であり、ほぼ1時間に2本の運行となっています。「とき」はE2系で、「Maxとき」が2階建て車両E4系です。2005年の調査結果によると東京都からJR上越新幹線沿線の各県へ移動したのは約440.3万人でした。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ