格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR盛岡駅

JR・新幹線ツアー検索

JR盛岡駅はJR東日本およびIGRいわて銀河鉄道の所属駅です。所在地は岩手県盛岡市盛岡駅前通にあります。JR東北新幹線と在来線であるJR東北本線、JR田沢湖線、JR山田線に加え、第三セクター鉄道のいわて銀河鉄道線が乗り入れています。また、JR秋田新幹線の分岐駅となっています。JR盛岡駅の歴史は非常に古く、開業年度は1890年(明治23年)となっています。当時、日本鉄道駅として開業しましたが16年後に国有化することになります。その後、大正時代には橋場軽便線(現在の田沢湖線)、山田線が開業しました。JR東北新幹線が開通したのは1982年(昭和57年)のことです。当時はJR大宮駅を起点とし、当駅が終点となっていました。その後、1997年(平成9年)にはJR秋田新幹線の開業、2002年(平成14年)のJR八戸駅までの路線延伸によって、よりターミナル駅的な機能を強めることになったのです。

JR盛岡駅の改札口前にはプラズマディスプレイが設置されています。これによって、乗降客は列車の運行状況やその他の情報がリアルタイムに分かるようになりました。ただし、いわて銀河鉄道線は手書きでの告知となっています。乗り場は在来線のホームとJR新幹線のホームに分かれており、2番線から9番線が4面8戦の地上駅となっています。また、JR新幹線のホームは11番線から14番線までとなっており、こちらは高架駅になっています。当駅を通る営業列車はすべて停車することから、東北の中でもハブ駅的な機能を持っているのです。JR盛岡駅はJR東日本内の旅客収入のランキングで常に上位にランクインしています。大都市圏と比較すると通勤・通学者の絶対数が少ないため乗車人員では負けてしまいますが、JR新幹線を利用した長距離移動の乗客が多く、関東地方を除けば、JR仙台駅、JR新潟駅に次ぐ順位となっています。なお、乗車人数は2012年の統計で17,874人(一日平均)となっています。

JR盛岡駅の東西は地下自由通路で結ばれています。東口、西口ともに繁華街となっていますが、東口側は長らく駅舎に駅名表示がされていませんでした。東北の駅百選に選ばれた2002年(平成14年)、石川啄木の筆跡を再現したロゴが取り付けられる運びとなりました。また、駅前には地元出身の歌人である石川啄木の歌碑が建てられています。これらのことから、JR盛岡駅は「文化と歴史のロマン溢れる街並みに調和した駅舎」という認定を受けているのです。JR盛岡駅からJR新幹線でアクセスする時、JR新花巻駅といわて沼宮内駅に移動できます。また、JR秋田新幹線ではJR仙台駅とJR雫石駅となっています。在来線でも周辺駅へ移動できるため、交通の利便性は高いです。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ