格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR本庄早稲田駅

JR・新幹線ツアー検索

JR本庄早稲田駅は東日本旅客鉄道上越新幹線の駅。埼玉県本庄市早稲田にあります。乗り入れているのは主にJR上越新幹線ですが、JR高崎駅を起点とするJR北陸新幹線も乗り入れています。JR本庄早稲田駅の特徴としては、JR本庄早稲田駅はパークアンドライドを想定して作られた駅です。パークアンドライドとは自動車で駅まで行って、JR新幹線に乗り換える利用形態のこと。そのため、本庄市では大型の無料駐車場も用意されています。このような形態の駅が作られた理由は、JR高崎線のJR本庄駅周辺の駐車場料金が安く、JR新幹線の特急料金を考えても、低料金ですむこと。JR新幹線を利用することで、迅速で快適に利用できることからこのような形態の駅が作られ、人気も高まっています。この地域では自家用車での移動が多いことが、パークアンドライドの駅の利便性が高く評価されているのです。JR本庄早稲田駅の構造は、相対式ホーム2面2線を使用する高架駅です。駅には階段、エレベーター、エスカレーター、自動改札通路のほか、簡易Suica改札機、自動体外式除細動器(AED)が設置されています。駅はコンクリート高架橋の壁をほとんどそのまま利用し、その外側に副本線を敷設し、その外側にさらにホームが設置されています。そのため工期と予算の削減が可能になりました。JR本庄早稲田駅では記名式Suica、無記名のSuicaカードは利用できませんが、JR新幹線停車駅が含まれるSuica定期券、FREX ・FREXパル、モバイルSuica特急券が使用できます。

本法早稲田の杜があるJR本庄早稲田駅の周辺について、ご紹介します。本庄早稲田駅の周辺には本庄早稲田の杜があります。本庄早稲田駅を中心としたニュータウンで、都市再生機構、本庄市などが力を入れて推進しています。また、駅が開業したときにはバスが運行していましたが、本数が限られていたこと、在来線本庄駅の列車接続を優先したダイヤだったことなどから、利便性がよくなかったことで、利用者の数も少なく、民営バスは撤退しました。現在ではおもに市内循環バスが運行しています。駅名の由来は、本庄早稲田駅の名称は公募で決定されたものです。由来の一つとして、本庄市には早稲田大学のセミナーハウスがある、周辺地域は早稲田の山、早稲田の森、などと呼ばれていたこと、などがあります。また、駅が開業された際には記念の入場硬券やオレンジカード、Suicaなどが発売されています。さらに本庄郵便局では、開業記念の絵入り消印を押印、開業記念レターセットなどを販売していました。プレイベントにおいては訓練列車での試乗会を開催。大変な人気を呼びました。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ