格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR筑後船小屋駅

JR・新幹線ツアー検索

福岡県筑後市にあるJR筑後船小屋駅はJR九州の駅の一つ。もともとは在来線の船小屋駅が、JR新幹線が開業するにあたり、現在の駅名に改称されました。JR築後船小屋駅の乗り入れは、JR九州新幹線と在来線のJR鹿児島本線が乗り入れています。JR新幹線はJR新大阪駅発着の「さくら」、「つばめ」が停車する駅です。在来線は普通列車、快速列車はすべて停車しますが、朝と夜間に運行している特急の「有明」は通過となります。鹿児島ルート全線開業の際にJR新幹線の駅としてJR筑後船小屋駅となったのが、2011年3月。場所も500mほど移動し、JR新幹線併設駅となりました。駅名の由来は、JR新幹線の駅として現在のネーミングになる前の「船小屋」駅の由来は、江戸時代、矢部川一帯に土木用の船を格納する小屋がたくさんあったことから、その名称がつけられたと言われています。JR新幹線が開業する際に、船小屋に駅の所在地名である「筑後」をつけて、「筑後船小屋」となったとされています。JR新幹線の駅と在来線の駅には、それぞれ駅舎があり、JR新幹線の駅舎は近代風の建物です。それぞれの線のホームは約50m離れていて、乗り換えするときには一度改札口を出ることになります。JR新幹線駅は高架駅で、ホームは単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を持ち、各ホームには可動式安全策が設置されています。在来線は地上駅の構造。SUGOCAを利用することができます。JR新幹線が開業する前は、カプセル式の駅舎だったのですが、開業・移転のときに新築されました。

JR新幹線開業までの経緯は、当初、JR筑後船小屋駅の設置に対しては、反対意見もありました。整備費用や移築費用がかかること、もともと無人駅で利用者が見込めないのではないか、という懸念、JR新幹線の駅よりも在来線の快速などの充実を求める声が多かった、などという理由からです。しかし、JR新幹線が停車することで、地元経済の向上や船小屋温泉などの観光客の増大などの期待により、開設に至りました。自然に囲まれたJR筑後船小屋駅。JR筑後船小屋駅の周辺には温泉施設や公園などが多く、自然に囲まれた風情のある地域にあります。温泉が胃腸に良いとされる泉質で、矢部川沿いには旅館やホテルが多くあり、夏には花火大会が催されます。JR筑後船小屋駅は公園の中にある駅、とも言われています。公園にはホテルやバーベキュー広場、芸術文化交流施設などが設置され、休日には散歩や癒しを目的に多くの人が集まります。また、体育館やテニスコート、ゲートボール場などもあり、汗をかける施設も整備されています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ