格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > JR新幹線停車駅 > JR秋田新幹線

JR・新幹線ツアー検索

JR秋田新幹線は、JR盛岡駅からJR秋田駅までがミニ新幹線方式によって結ばれた、JR東日本(東日本旅客鉄道)の路線とその路線を走る列車の通称を意味します。これは、フル規格という規格の線路を新たに建設せずに、既にある在来線を改軌してその上で新幹線路線と直通運転(新在直通運転)が可能になるようにした方式です。さらに、そのような新在直通運転を行う路線とその上を走る車両もこのように呼ばれます。JR秋田新幹線というのは通称なので、JR山形新幹線と同様にこの名前を持つ路線は正式には存在しません。JR盛岡駅‐JR大曲駅を田沢湖縁、JR大曲駅‐JR秋田駅をJR奥羽本線と呼びます。

また、JR盛岡駅‐JR東京駅間においてJR東北新幹線との直通運転を行っているので、広い意味では「こまち」が走行するJR東京駅‐JR秋田駅間や、列車「こまち」そのものもJR秋田新幹線と呼ばれています。JR秋田新幹線が、全国新幹線鉄道整備法には基づかない、新在直通方式であるミニ新幹線として開業したのは1997年です。この法律ではJR新幹線を「主たる区間を200km/h以上の高速度で走行できる幹線鉄道」と定義しているので、あくまでもJR盛岡駅‐JR秋田駅間は法律上は在来線となります。在来線区間のほとんどは秋田県内に存在しており、線形は北東北を横断するような形で走っています。奥羽山脈を越えるので曲線区間やトンネルが多く、この区間で高速運転をすることは困難です。JR秋田新幹線では、E6系電車7両編成の「こまち」が運転されています。田沢湖線内はすべて単線であり、JR新幹線列車との行き違いの際は待ち合わせをすることがあります。広義でのJR秋田新幹線は、開業以来、高速化が順次はかられてきました。在来線区間では最高速度130km/h、JR東北新幹線区間では最高速度275km/hでの運転が可能となり、東京発下り最終や秋田発のぼり始発などの一部の列車の所要時間が4時間以内となっています。しかし、それ以外の多くの列車は4時間以上を必要とするためにさらなる高速化が議論され、その後所要時間短縮のための段階的な高速化の実施がされています。JR雫石駅‐JR田沢湖駅周辺は豪雪地帯で、大雪の影響で在来線区間の列車に遅延が出やすいです。この影響は最終的に上越の車両運行や長野の車両運行にまで及ぶこともあり、悪天候の場合は同区間の運行中止となることもあります。JR秋田新幹線は、岩手県と秋田県を走っており、設置駅は6つあります。これまで、宮城県からの利用者数が最も多くなっています。

JR格安新幹線ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線格安ツアーならこちらへ