格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > 学生旅行 > 鹿児島

JR・新幹線ツアー検索

JR新幹線格安ツアーの鹿児島の学生旅行特集

鹿児島市は九州南部の都市となります。人口も60万人と多く全国的にも中核都市として指定されている都市でもありますし、国際会議観光都市としてもその機能を有している都市なのです。JR九州新幹線が鹿児島まで伸びたのは2012年です。これで九州が福岡から鹿児島まで一直線に結ばれたことになります。

九州でも鹿児島市は北九州市、福岡市、熊本市に次いで第四の都市として繁栄しています。県内でもここだけで全体の3分の1の人口ということですから、まさに基幹都市として発展を続けているのです。また、鹿児島といえば桜島で、噴煙を常に上げているイメージですが、そのイメージ通りで洗濯物も外に干せないというのも現実なのです。そしてよく言われるのですが、桜島は対岸にあって陸続きにはなっていません。陸続きは向かって右側の大隅半島のほうです。桜島も鹿児島市に入るのですが、陸続きなのは対岸の垂水市ということになっているのです。ですから市内から桜島に渡ろうと思うと船になりますが、船が欠航することが多く渡航するのは我慢した方がいいでしょう。

学生旅行で来るのなら、JR九州新幹線で福岡から鹿児島中央までは1時間足らずです。東京からは7時間かかることになりますから、一気にくるのであれば飛行機のほうが時間的にも便利でしょう。しかし、学生旅行貧乏旅行であれば、広島、福岡、熊本で観光しながら南下していくというのは学生旅行ならではのとても有意義なJR新幹線旅行なのではないでしょうか。鹿児島であれば是非とも知覧に行ってもらいたいところです。特攻に散った同じ世代の心の叫びが書かれた遺書は必ず見る人の心を揺さぶることでしょう。他にはやはり桜島でしょう。市街から一望できますから見るだけでいいのであれば天気がいいことを祈るしかありません。また、足が伸ばせるのであれば、薩摩半島南端の開聞岳は必見だと思います。学生旅行の気安さで是非ともいってみたいところです。行くなら鹿児島市内からレンタカーが一番いいかもしれませんね。

東京から行くのであればJR新幹線を乗り継ぐことになります。大阪ではさくら、博多ではJR九州新幹線のみずほに乗り換えです。東京からだと7時間はかかりますから、これはこれで大変なことになってしまいますがこれも学生旅行のいい思い出になるでしょう。ここも郷土料理が有名ですから、堪能するためには是非とも旅館に泊まりたいところですね。

九州南端の鹿児島は九州弁の源流ともいわれています。少々聞き取りにくいところがありますが、素の九州弁を聞きに夜の街に友達と繰り出してください。

JR新幹線学生旅行格安ツアーをネット予約するならこちら

  • JR新幹線学生旅行格安ツアープランをネット予約ならこちらへ