格安航空券・国内飛行機チケット > JR新幹線格安ツアー > 学生旅行 > 長崎ハウステンボス

JR・新幹線ツアー検索

JR新幹線格安ツアーの学生旅行の長崎ハウステンボス特集

長崎ハウステンボスは1992年に開業しました。前身は長崎オランダ村で両者はしばらくは共存する形で営業していましたが、2001年にはオランダ村のほうが閉園しました。

長崎ハウステンボスも紆余曲折があり、一時は破産申請という自体にもなったのですが、テーマパークとして現在も続いているのは東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパン以外では稀有な例としてみてもいいかもしれません。それでもアイデアとしては秀逸で、一つの街として機能していて裏舞台がないというところが特筆すべき点なのです。ですから、街の中を普通に供給車が走っていますし、それが長崎ハウステンボスをイメージしたカラーの車なのがまた現実感をお表現しているのです。テーマパークの敷地としては日本でも最大規模で、巨大なオランダの街にいるかのごとく生活感あふれる街並みを体験できます。

長崎ハウステンボスの醍醐味は街を散策するだけでも楽しい点でしょう。しかし、入場料金が高く、散策するだけではお金がもったいないのが現状です。特に学生旅行で節約して決して安くはない入場料金ですから、アトラクションも堪能しなくてはいけません。入場者数ではユニバーサル・スタジオ・ジャパンにも負けていますが、アトラクションも並びますし、1日では回りきれないでしょう。ですから、遊ぶところは遊ぶゆっくりするところはゆっくりするのが長崎ハウステンボスの楽しみ方といえるでしょう。

九州から東は学生旅行で新幹線で博多を目指すことになります。東京からだと学生旅行で東海道新幹線、山陽新幹線を乗り継いで博多に到着し、博多からは特急ハウステンボスに乗り換え1時間40分で到着です。鹿児島や熊本からだと島原湾を船で渡ることも可能ですが、九州新幹線を利用するほうが結果としては早く、まずは新幹線で博多を目指して、そこからハウステンボス号に乗り換えるほうが便利といえます。宿泊は2泊であれば長崎ハウステンボス二も泊まれますが、学生旅行では恐らく予算オーバーとなるのは間違いありません。宿泊するなら佐世保市内になるか長崎まで足を伸ばすあるいは、次の予定地のために福岡まで戻るかということになります。いずれにしても学生旅行なら4人一部屋というような割安なシティホテルがおすすめです。また各地でパック旅行があります。どれも新幹線利用で参加人数によってはとてもリーズナブルな宿泊費用となっていますのでお勧めです。

長崎ハウステンボスはテーマパークの中でもそのコンセプトは他にはないものです。これからも特に注目したいテーマパークの一つであることには間違いありません。

長崎ハウステンボス格安ツアーを予約ならこちら

  • JR新幹線長崎ハウステンボス格安ツアーをネット予約するならこちらへ