格安航空券・国内飛行機チケット > 国内ホテル・旅館・ビジネスホテル・シティホテル・リゾートホテル > 都道府県別宿泊予約 > 宮城県宿泊予約

国内宿泊検索

宮城県のホテル・旅館・ビジネスホテル宿泊格安予約特集

宮城県は杜の都仙台がある1年を通じて観光名称がある地域で、温泉のあるホテル旅館があります。JR東北新幹線の開通により首都圏や中部圏からの交通のアクセスが向上した地域で、関西地方や九州地方からは仙台空港を利用した飛行機の旅行を楽しむことができます。温泉街もあり多くのホテル旅館が県内にはあり、温泉を目的とする湯治客にも人気です。

仙台市を中心として発展している地域で、県内にはいろんな観光名所があるので、多くの観光客が訪れています。特に桜の名所が県内には多くあり仙台城を始めとする城跡の花見地域が有名です。宮城県は、鎌倉時代に奥州藤原氏の討伐に参加した有力御家人たちが新たに領地を賜った地域です。鎌倉時代から室町時代になると足利一族の斯波氏が奥州探題として奥州に入り支配することになりますが、戦国時代になると多くの豪族の台頭による群雄割拠の地域となり最終的に伊達氏が支配する地域となります。戦国時代には多くの豪族により領土争いが起きますが、米沢盆地を本拠地としている伊達政宗により宮城が統一されていき安土桃山時代には東北地方の南半分を征服することになります。江戸時代になると伊達政宗(仙台藩)が仙台城を本拠地として現在の仙台を城下町としていきます。伊達政宗が奥州覇者としての自尊心があり伊達家代々の当主もこの伊達政宗の気持ちを受け継いでいきます。戊辰戦争のときには奥州越列藩同盟の盟主となって明治政府と戦うことになります。

宮城県は、仙台城、石ノ森萬画館、大崎八幡宮や多賀城など多くの観光名所がありプロ野球の球団の1つが本拠地となっている宮城スタジアムがあります。ホテル旅館は仙台市内だけでなく秋保や作並そして松島周辺に多くあります。交通のアクセスが良く東日本大震災で被害があった日本三景の1つ松島が現在は復興されており多くの観光客が訪れている観光名所の1つに復活しています。そのおかげで宮城県全体の観光客は増加している状況で、県内のホテル旅館には予約が必要です。

JR東北新幹線の開通により始発駅のJR東京駅からは3時間かからずにJR仙台駅に到着することができます。東日本震災の影響により1部の在来線が利用できない状況ですが、振替バスや県内をカバーしていまたる交通バスの利用により、ホテル旅館にもタクシーを利用しない移動が可能です。仙台空港に関西地方や九州地方からの観光客でも、タクシーを利用することなく市内に、または観光名所の目的地に移動することができます。

宮城は杜の都仙台を中心に発展しています。特にJR東北新幹線の開通により首都圏や中部地方からのJR新幹線を利用した観光客の増加が期待できている地域です。東日本大震災の影響による日本三景の1つ松島の復興が行われており観光客が増加している状況です。

ホテル・旅館・リゾートホテルへ格安宿泊予約はこちら

  • 国内ホテル・旅館・ビジネスホテル・リゾートホテルへ格安宿泊予約はこちら