格安航空券・国内飛行機チケット > 航空会社・格安航空会社(LCC)特集 > バニラエア(VanillaAir)格安航空券特集

国内航空券検索

航空会社を利用する際に多くの人が悩む選択肢の一つにコストパフォーマンスがあります。料金がものすごく安くサービスが上質であればそれは理想ですが、実際にはサービスを提供しているのは営利を目的とした会社であることを考えれば、ものすごく上質なサービスを提供してくれるかわりに料金も高い会社か、サービスを抑える代わりに料金も安い会社の二つのタイプに分かれるでしょう。利用者は自分の希望と照らし合わせて判断しなければなりません。現代の航空業界は格安航空会社(LCC)の時代と言われています。格安航空会社(LCC)とはローコストキャリアの略称で、いわゆる超格安航空会社を指しています。コストを意識することが多くなった顧客に対してこの格安航空会社(LCC)戦略が大きな成果をだしたため、業界の各航空会社がこぞって格安戦略を打ち出して競争するようになりました。その値段たるや大手の3~5割引きという驚きの数字も見受けられます。

各地を飛び回ることの多いビジネスマンや、大勢で移動する家族旅行利用者からするとニーズを満たすのに十分な、大変ありがたい状態だといえます。格安航空会社(LCC)競争の先端を走るバニラエア(VanillaAir)もその一つで、国内随一の値段を乗客に提供しています。前身はマレーシアの航空企業エアアジアと国内大手の全日本空輸が共同で設立した会社、エアアジア株式会社です。エアアジアの設立と同時期にピーチ航空やジェットスタージャパンが設立され、格安航空会社(LCC)の競争は苛烈なものとなりました。一時期はANA(全日本空輸)とエアアジアとの間で経営方針に違いがあり、それが影響して売り上げが伸びない時期がありましたが、その後ANA(全日本空輸)がエアアジアジャパンからバニラエア(VanillaAir)へと社名を変更したうえでの運営を支持する形で決着がつきました。

またその時の社名変更に従い、機内サービスもエアアジア流からバニラエア(VanillaAir)流へと変更されています。エアアジア時代には手荷物に料金が発生していましたが、バニラエア(VanillaAir)になってからは20キログラムまでは無料になるなどの変化が特徴的です。また設立当初に運賃を1000円で提供するサービスを開始し、大量のアクセスが発生したという出来事もあります。主に使用されている機体はエアバスシリーズで、エアアジアとの提携解消時に大幅な塗装の変更がありました。就航路線は国内で東京と成田から札幌、沖縄を結ぶ線。国際線は韓国ソウルや台湾などがあります。座席種類は三種類あり、コミコミバニラとシンプルバニラ、そしてわくわくバニラです。