格安航空券・国内飛行機チケット > 航空会社・格安航空会社(LCC)特集 > スカイマーク(skymark)格安航空券特集

国内航空券検索

どうせ旅行に行くなら旅費は安く抑えたい。旅行に関しての費用は意外と高くつくもので、行き先が海外ともなれば軽く十万円コースになります。現在の不景気も相まって、旅行は楽しみたいけれどもかかる費用は押さえたいという方は多いのではないでしょうか。特にファミリーで旅行に行く時などは人数も多くなるので飛行機のチケット代を捻出するのにも一苦労です。そんな悩みをもつ方にとっておきの航空会社がスカイマーク(skymark)です。スカイマーク(skymark)は設立当初から最安値料金の格安航空会社(LCC)として活動している歴史をもち、国内大手航空会社の半額水準での最安値料金の格安航空券・飛行機チケット提供を行うなどしており、コストの低さは折り紙つきです。

機内サービスは徹底した簡素化が行われていることが特徴の一つとして挙げられます。機内の飲料はアルコールとソフトドリンクが販売されており、ペットボトルや珈琲などは全て100円という格安料金の値段です。機内に常備されているような雑誌や食事はカットされていて、格安航空会社(LCC)の典型ともいえる設備が施されています。また他の航空会社と違う点の一つが乗務員の制服が廃止されていることです。海外の格安航空会社(LCC)ではよく見受けられますが、国内の航空会社ではスカイマーク(skymark)が先駆けて制服廃止を行っています。こうしてみるとスカイマーク(skymark)は最低限の設備しかないのかと思われがちですが、それは早計です。数年前までスカイマーク(skymark)では特定の機体にシグナスクラスという上級の席が設けられていました。このクラスでは食事の提供やドリンクサービスなどが行われており、これらは現在のドリンクサービスへと一部継承されています。

運賃には七種類ほどの区別があり、大人運賃や子供運賃のほか、身体障害者用の運賃も存在します。他社の半額に近い値段設定は多くの旅行者に支持されており、旅行シーズンともなれば格安航空券、飛行機チケットは争奪戦になります。もしもスカイマーク(skymark)の座席に興味がある方はできる限り早めに予約などを行うべきでしょう。