格安航空券・国内飛行機チケット > 航空会社・格安航空会社(LCC)特集 > ピーチ(peach)格安航空券特集

国内航空券検索

日本国内でも格安航空会社(LCC)が大人気ですが、その皮切りとなったのが関西国際空港を拠点としているピーチ(peach)航空です。なんと言っても名前がとても印象的で、航空業界では航空会社に英数字2文字のエアラインコードを割り当てていますが、ピーチ(peach)航空はなんと「MM」です。これは間違いなく桃(MoMo)からとっています。機体や制服、あらゆる所にもピンク色を採用しているのが特長です。機内アナウンスに関西弁を使用したり、毛染め(茶髪)など客室乗務員の身だしなみについても規則が比較的緩いとされることや、客室乗務員の採用条件でも、年齢・性別・国籍が不問であることなどから、他社の航空会社と比較して、堅苦しさがなく、とても親しみやすくなっています。2012年3月に登場した日本初となる本格的な、格安航空会社(LCC)ですが、ANA(全日本空輸)を親会社に持っています。関西国際空港をベースとして国際線は近隣アジア諸国へ就航しています。JAL(日本航空)やANA(全日本空輸)の約半額程度の料金を現実にしています。それは徹底されたコスト削減をおこなうことにより、ここまで格安な空の旅をお届けできるようになりました。

これまでJAL(日本航空)やANA(全日本空輸)を利用された時の、何も考えることなく「食事や飲み物まですべてサービスしてくれて太っ腹だな!」っとみなさん思われているかとおもいます。しかし、このサービス料は運賃に含まれています。さらに食事などが提供される場合は、「和食と洋食のどちらがいいですか?」と聞かれたことを思い出してみると、無駄になってしまうサービスまで運賃に含まれているのだと、わかっていただけるかと思います。そういった無駄が出る、また乗客によっては必要のないサービスをすべて有料化することによって、格安運賃を現実させたのが、格安航空会社(LCC)でありピーチ(peach)航空もその一つの会社です。機内はJAL(日本航空)やANA(全日本空輸)よりも席数が多くもおけられていますので、座席が少し狭くなっています。しかし、足元の広い最前列は、普通席と比べると約3倍の空間が確保されており、特に最前列1A~1C(通路を挟んで左側)は、全面がガラス張りになっているため、圧迫感がさらに軽減されております。指定座席は別途料金がかかってしまいますが、予約時はこちらの席をオススメします。福岡~沖縄は片道約4000円から、大阪~松山は片道約3000円から、大阪~東京は片道約4000円からと、国内線は格安飛行機チケットでの運賃となっています。交通費をなるべく抑えたいと思いのお客様はどうかピーチ(peach)航空をご利用ください。格安の料金で快適なフライトをお約束します。