格安航空券・国内飛行機チケット > 航空会社・格安航空会社(LCC)特集 > JAL(日本航空)格安航空券特集

国内航空券検索

日本最大手の航空会社であり、国際線の代表的航空会社であるJAL(日本航空)は日本だけにとどまらず、海外でももっとも有名な航空会社の一つです。日本航空として活動を開始したJAL(日本航空)は国内でもっとも優秀な航空会社の代名詞であるナショナルフラッグシップキャリアとして認知され、現代でもその地位は揺るがないものとなっています。国際線を利用する多くの人からの支持があり、充実した機内サービスも含めて日本トップクラスの旅行が楽しめます。発足から2002年まではJAL(日本航空)ときくと鶴のマークが有名でしたが、2003年に入ると新しい英語のロゴマークが象徴となっています。機体の塗装もロゴマークと一緒に変更になっています。

日本最大手であるJAL(日本航空)の機内サービスはトップクラスで、まず客室乗務員の持つ能力のクォリティが違います。日本人のほうか各海外の国の出身者が登場しており、香港、上海、シンガポール、バンコク。そしてヨーロッパと世界各地から採用しています。またこうした乗務員は徹底した日本語と英語の訓練を受けているので気兼ねなく会話を交わすことができます。機内色には国際線独自の試みもみられ、日本の食材を重点的に取り入れた料理を提供している他、吉野家や日清など国内主要の企業との定型も見られます。また子供や幼児用の機内食も用ういされています。機内色には座席のクラスごとに差が設けられていますが、飲み物は全クラス共通で販売されており、ジュースやお茶、珈琲などが無償提供されています。また機内であるスカイワードには旅行先のレストランなどが紹介されているので、現地についてからのルートに迷う必要がありません。またフライトの確実性に定評があり、定時に到着できる優秀な航空会社として世界に認知されています。

JAL(日本航空)は国際線がメインの航空会社ですが、国内でのフライトと国外へ向かうフライトでは違う点がいくつかあり、気をつけておくべき重要な要素が幾つかあります。その一つが緊急時の対応です。自分だけでなく隣の席の人の体調が悪くなった時にどう対処すればよいかが頭のなかに入っているかどうかで安心感に大きな違いがあります。JAL(日本航空)は全てのフライトで充実した医療器材を揃えており、万が一の時でも十分な対応が望めます。多くの航空会社が機内のサービスを充実させていますが、JAL(日本航空)はフライトの外でも充実したサービスを提供しています。その代表格がJAL(日本航空)空港ラウンジです。成田国際空港のラウンジは日本最大の広さです。安全かつ最上級の質のフライトを望むならJAL(日本航空)が最もベストな選択肢の一つであることは間違いないでしょう。