格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 対馬空港(対馬やまねこ空港)

国内航空券検索

「対馬やまねこ空港」という愛称で親しまれる対馬空港(対馬やまねこ空港)は、地方管理空港に属し、長崎県津島市に所在しています。対馬空港(対馬やまねこ空港)では、毎年、「空の日」が設けられている九月にはエプロンの西半分を使って、イベントが開催されています。こちらの催しでは、ヒーローショーなど、さまざまな出しものがある他、自衛隊のヘリコプターへ搭乗体験をすることができたり、滑走路を使用したマラソンが行なわれたりするそうです。1975年、1,500メートルの滑走路を有する対馬空港(対馬やまねこ空港)は供用を開始しました。その後、1983年には1,900メートルへと滑走路を延長し、ジェット旅客機が就航することとなりました。そして、2003年には、某株式会社に所属するプロペラ機が、対馬空港(対馬やまねこ空港)の滑走路手前の斜面へ墜落して、三名の乗務員が死亡するというアクシデントが発生しました。そして、2009年には、韓国の某航空会社によって、対馬空港で国際チャーター便が運航されることとなります。

対馬空港(対馬やまねこ空港)について詳しく知りたい人は、格安航空会社による、航空券の低価格化に対する取り組みに関する情報を収集することも有効な選択肢となるでしょう。そのように、航空券の値段を下げるためには、予約がキャンセルされた時の、払戻しに関する要件を厳格化するという方法もあります。例えば、航空券を購入した時期に関わりなく、キャンセル料を百パーセント徴収する、即ち旅客の都合による予約の取消しを不可とすることにより、航空券の低価格化を実現することが可能となります。また、ほとんどのローコストキャリアでは、航空券の価格を引き下げるため、コストパフォーマンスが良く、信頼度の高い中型ジェット旅客機を使用して、ポイント・トゥ・ポイント方式による短距離、短中距離のフライトを行なっているという話です。そして、旅客から支払われる運賃以外に、収益を確保するルートを見つけだすという選択肢もあります。例えば、スポンサーからの広告収入を得るために、機体にアドカラー塗装を施したり、機内に広告を出したりするという手段も存在します。また、オリジナルグッズ、国際線における免税品などの機内販売サービスに、力を注ぐことによって、収益の増加を図ることもできます。そして、従来は無料で行なっていた手荷物預かりのサービスを、有料で提供することにより、収益を確保することも可能になります。また、従来型の航空会社と、LCCとでは、主要なターゲットとなる顧客層にも違いがあります。