格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 富山きときと空港

国内航空券検索

展望デッキから、立山連峰の見事な景色を眺めることのできる、富山きときと空港を利用したいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?富山きときと空港を出発地とする航空機に搭乗すれば、離陸する時にも、立山連峰の景観を楽しむことが可能です。また、富山きときと空港から出発する国際線の飛行機は、ソウルや北京、上海、大連、台北、ウラジオストクなどといったアジア各地、ヨーロッパなどを目的地としています。そして、それらの地を経由して、世界のさまざまな国々を訪れることも可能となります。それらの便は、1日1往復のフライトがあるため、乗り継ぎを必要としない場所であれば、一泊二日の小旅行を、気軽に楽しむために利用されるのも良い方法です。例えば、日常的な業務の特性上、長期間にわたる休暇が取りづらいサービス業などに従事している人は、富山きときと空港の国際線を利用して、海外へ一泊二日の社員研修旅行を企画されるのも良いのではないかと思われます。

富山県富山市秋ヶ島に立地している富山きときと空港は、富山きときと空港の愛称で親しまれており、地方管理空港に分類されます。富山きときと空港は、富山の市街地や、インターチェンジ、国道41号線からほど近いエリアに所在するため、アクセス条件は良好だという話です。そういった事情から、富山県内だけではなく、周辺の新潟県上越地方、岐阜県飛騨地方などから、富山きときと空港を訪れる人も少なくないと言われています。
富山きときと空港は、わが国に存在する空港の中で唯一、河川敷に設置されているということです。そのような立地条件であるがゆえに、滑走路の南北の端には、橋梁があり、滑走路を延長したり、計器着陸装置を完全に設置したりすることが難しいという問題があります。そういった事情から、冬場に大雪が降ったり、春先に濃霧が発生したりすると、運航を見合わせる便が多くなるそうです。

富山きときと空港などで利用する航空券を手配するためには、インターネットで予約をすることも可能になります。また、航空券の発券方法には、空港でチェックインする時にATB券を発行したり、電子航空券を利用したりするという選択肢もあります。その内、航空会社のオフィシャルサイトを通じて予約、決済といったサービスを受ける場合、実際には航空券は発券されないそうです。そのように、従来、旅行代理店、航空会社などで提供されたものとは異なり、航空券の発行が無いサービスのことを、チケットレスサービスと呼びます。