格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 多良間空港

国内航空券検索

多良間空港は沖縄県の多良間島にある空港で、多くの観光客や地元住民が利用している空港になります。多良間空港にはどのような歴史があるのかというと、時代ははるか昔、琉球政府時代までさかのぼります。沖縄が本土復帰する前の1971年、アメリカの占領下にあったなかで、急病人を搬送するための空港を作りたいという多数の意見があったために、この空港が建設されたのですが、実は多良間空港ができたまでは良かったのですが、なぜか滑走路がとても短かったために空港としての機能が全く機能していなかったので、新しい滑走路を作って2003年に新しい多良間空港が作られて、現在に至っています。新しい空港にはターミナルビルも作られたので、このターミナルビルで航空券も購入することができますので、往復の航空券を買っていない人は多良間空港で航空券を購入するようにしてください。このターミナルビルには航空券を販売している券売機以外にも売店もあります。また航空券を購入することができるターミナルの入り口には多良間まもる君が設置されていることでも知られていて、観光客や地元住民に愛されています。多良間空港は飛行機が出発する15分前までに保安検査を済ませないといけませんので注意してください。さらに搭乗口までは出発の10分前までに行くようにしてください。

多良間空港には定期便が就航されているのをご存知でしょうか?多良間空港に就航されている路線は、多良間と宮古空港とを結ぶ定期便が運行されています。この定期便は1日2往復運行していますが、宮古空港行きの航空券も購入することができますので、宮古空港に行こうとした場合は多良間空港で航空券を購入するようにしてください。多良間空港周辺には様々な観光名所がありますので、これらの観光名所に行くために宮古空港から多良間空港に来る人がたくさんいます。多良間空港周辺の観光名所は海浜公園だったり、国の史跡や地元のお祭りなどが観光名所になっています。特に5月と8月のお祭りは本土からも多くの観光客が多良間空港を利用してお祭りを見に訪れるほど知名度が高いお祭りとして知られています。このように元々は緊急患者を搬送するために作られた空港でしたが、今では地元住民や観光客など年間約3万人の人が多良間空港を利用しています。今後も観光に力を入れているこの地域は益々多くの観光客が訪れると言われていて、多良間空港を利用する人も増加すると言われています。