格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 種子島空港(コスモポート種子島)

国内航空券検索

鹿児島県熊毛郡中種子町砂中に立地している種子島空港(コスモポート種子島)は、地方管理空港に分類され、「コスモポート種子島」という愛称があります。1992年、設置は許可され、2005年には先ほどご紹介した愛称が決定されました。そして、2006年に、新種子島空港が開港し、2008年に種子島空港(コスモポート種子島)へと名称が変更されることとなります。旧種子島空港の時代には、1,500メートルという短い滑走路しかなかったため、プロペラ機のみが就航されていました。しかしながら、新しく種子島空港(コスモポート種子島)が完成されたことにより、種子島を目的地とする小型ジェット機の乗り入れをすることが可能となりました。現在のところ、定期便に関しては、プロペラ機のみの就航となっているものの、チャーター便ではジェット機の使用がなされております。種子島空港(コスモポート種子島)を目的地として、東京から飛行機に乗る場合には、直行便が存在しませんので、別の空港で乗り継ぐ必要があることを覚えておかなくてはいけません。

種子島空港(コスモポート種子島)に関する理解を深めるためには、さまざまなコスト削減の対策を講じることにより、割安な航空券の販売を実現している、LCCにまつわる情報を収集することも重要になってきます。そのように、リーズナブルな価格設定のなされた航空券を提供するためには、機内におけるサービスを必要最低限のレベルまで簡素化し、時間的に余裕のない発着をすることが求められます。そういった事情から、航空券の低価格化を実現したローコストキャリアのフライトを利用する際には、気象条件の悪化や機器の軽微な故障などといった程度のトラブル、アクシデントであったとしても、発着ダイヤに多くの影響が及ぼされるのを覚悟しておくことが必要とされます。また、そうした割安の航空券を提供する会社では、通常の航空券を販売する航空会社とは異なり、乗り継ぎ便への配慮も行なわれないという話です。
そういったデメリットが存在するにもかかわらず、それらの格安航空会社を利用する顧客は数多く存在します。そうした人々は、サービスの充実度よりも、値段の安さを重要視しているのだと理解されているそうです。ただし、そのようにサービスが簡略化されているからと言って、LCCの安全性が低いと考えるのは間違いです。ローコストキャリアと既存の大手航空会社では、安全性に限っては同じ法令が適用されるため、そのような心配をする必要はありません。それらの内、どちらの航空会社を利用するのかは、個人の特性に合わせて選びましょう。