格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)

国内航空券検索

コウノトリ但馬空港の愛称で知られる、但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)は、通称である但馬空港という名称で呼ばれることがあり、兵庫県豊岡市岩井字河谷に位置します。1987年6月、但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)を建設する計画は、JR新幹線や高速道路などといった高速で移動することのできる交通機関が存在しないという兵庫県北部の抱えている問題を解決し、交通インフラを整備するという目的で発表されました。そして、1994年5月には但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)が開港しました。但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)の建設をするために必要となる費用は、当初の計画では、105億円と見込まれていましたが、実際には約116億円掛かったそうです。また、付帯する施設や事業を含めると、建設費は180億円になります。

但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)の建設が開始された当初の1988年10月に内定していた運航会社が、子会社の経営状態が悪化してしまったため、コミューター事業から撤退し、計画が白紙に戻るという問題が発生しました。そのため、兵庫県では他の複数の航空会社へ運航を打診したものの、その内のいずれからも良い返事を得ることはできないでいました。そういった状況が続く中、開港日が目前にまで迫った1993年9月になって、ようやく運航を決定する会社が登場しました。しかしながら、こちらの企業へ40パーセントの出資を行なう鹿児島県奄美群島の市町村から、採算の合わない路線に就航するべきではないという意見が出されたため、兵庫県には、積極的な財政支援をする必要性が生じました。最終的には、兵庫県が14億円を投じて購入した某使用機材を、無償で貸与するという異例の条件を提示することによって、就航されることが決定しました。

但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)などで利用されている航空券には、TAT券、ATB券、eチケットの3種類が存在します。それらの内、TAT券はかつて、国際航空券の多くを占めていました。わが国に於いても、旅行会社で航空券を発行する際に、一部ではこちらの券種が利用されています。そして、ATB券とは、航空券と搭乗券が一体型になっている航空券のことを示します。かつて国内線の主流となっていたこちらの航空券の裏面には、黒い磁気ストライプが入っております。次に、eチケットは電子航空券、Electronic ticketと呼ばれることがあり、航空会社によって様式がさまざまに異なるという特徴があります。こちらの券種は現在、日本において、国内線の主流として利用されています。