格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 静岡空港(富士山静岡空港)

国内航空券検索

静岡県島田市と、牧之原市にまたがる形で立地している静岡空港(富士山静岡空港)は、地方管理空港というカテゴリーに分類されます。静岡空港(富士山静岡空港)は、富士山静岡空港という愛称で親しまれていますが、「富士山」は、静岡県の代表的な名所であるという意味合いから盛り込まれた言葉だそうです。したがって、静岡空港(富士山静岡空港)から、富士山までの距離が近く、アクセス条件が良かったりする訳ではありませんので、その点はご注意ください。静岡空港(富士山静岡空港)が開港される前の1987年、静岡県知事によって、空港の建設が決定されました。そして、1996年には運輸大臣によって設置が許可されたことを受け、整備が開始される運びとなりました。当初は、2009年3月に開校する予定であったものの、2008年9月に、周辺にある伐採対象から外れている樹木が、航空法の制限表面に抵触するという問題のあることが判明しました。そうしたことから、翌年の10月には、暫定措置として、滑走路を短くするための工事をすることが決定されました。そのような事情によって、開港の時期は延期されるという県からの公式発表があり、実際には2009年6月4日に開港されることとなります。なお、同年8月27日には、滑走路を2,500メートルへと延長する工事が完成しました。現在では、政府が、離島以外の場所に地方空港を新設するのを、抑制するという方針を打ち出しています。そういった事情から、静岡空港(富士山静岡空港)がマスコミで報じられる場合などに、「最後の地方空港」という呼称が使われています。

静岡空港(富士山静岡空港)に限らず、飛行機の搭乗手続きをする際には、航空券を手配するのも重要になってきます。それらの航空券を、市内、空港に設置された航空会社のカウンター、コールセンターなどといった有人サービスの提供される場所で予約や変更、発券などする場合には、航空会社によって発券手数料が徴収されるケースが多くなってきています。わが国に於いては、特定の航空会社を通じて、国際線を利用する客が、先ほど述べた方法で予約をした場合、航空券の発券手数料が徴収されるようです。ただし、同じ航空会社を利用する場合であったとしても、国内線の場合には、航空券の発券手数料は掛からないのだそうです。ただ、同じ日本の国内線であっても、格安航空会社によって提供される航空券の場合には、予約や支払いに際する手数料、座席指定の料金などが徴収されることが少なくありません。また、海外の航空会社にも、同僚の手数料を徴収するところが多く存在します。