格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 新千歳空港

国内航空券検索

新千歳空港は、北海道にある空港のことで北海道の千歳市から苫小牧市にまたがったところに位置する空港をさします。北海道の中にはいくつか空港がありますが、その中でも最大規模を誇る所として知られています。年間の利用者数は、2012年度で見ると国内で16575480人、国際線が1102001人となっています。これだけの利用者を記録する空港は、東京国際空港と成田国際空港に次ぐ規模になります。北海道を訪れる人の玄関口として知れ渡ってます。空港整備特別会計が空港別の財務状況をチェックしていますが、その中でも数少ない黒字経営の実現ができている空港でもあります。
新千歳空港は、航空自衛隊の千歳基地と隣接している立地状況から、航空管制に関しては航空自衛隊と一体的に行われている所も大きな特徴といえます。このため、日本の防空上でも重要な拠点となっているといえます。2008年に開催された、北海道洞爺湖サミットでは先進各国の要人が利用しています。それに伴い新千歳空港では、貴賓室や千幼虫期場の新設工事を行って、各国のVIP機専用の乗降スポットなども新たに加わりました。

新千歳空港は、ほかの地域から北海道に入るときに最も効率的な交通手段となっています。このため国内線だけでも30路線を超えるネットワークを持っていて、各種航空券の販売を行っています。特に羽田・新千歳空港間の路線はドル箱路線となっていて、日本航空や全日空、AIRDO、スカイマークの4社がそれぞれに航空券の販売を展開していて、しのぎを削っています。最近でも年間で900万人を超える利用者数を記録していて、世界でも有数の幹線として知られています。
新千歳空港では国際線の乗り入れも実施しています。2012年現在で、12社で10路線の航空券の販売が行われ、運行されています。ちなみに国際線を利用する人の数は年々増加傾向にあって、2007年時点ではチャーター便を含めて年間80万人が利用していたのですが、2012年には100万人が年間利用しています。特にアジア圏で北海道を観光スポットとして注目する傾向があって、多くの外国人観光客が新千歳空港の航空券を購入しているような状況となっています。以前はヨーロッパやオーストラリアのような長距離路線を主力として航空券の販売を行っていましたが、最近の新千歳空港の傾向を見てみると、ハワイや東南アジアを主力とした路線開拓を狙っていることがわかります。