格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 下地島空港

国内航空券検索

下地島空港は沖縄県の宮古島市にある空港です。下地島空港はどのような経緯で作られた空港なのか?というと、パイロットが訓練するための訓練専用空港という位置づけで使われている空港です。このような経緯もあって滑走路の両端には計器着陸装置が付いている特徴がある空港として知られています。もともとは那覇空港との定期便があり下地島空港で航空券も販売されていましたが、その定期便も平成6年に撤退しています。そのため現在でも下地島空港に就航する定期便はなく年間利用者数は0人なので今はこの空港で航空券を購入することができません。下地島空港は48年に飛行場として設置されてからパイロットの訓練がされるようになったのですが、昭和55年に定期便が就航したのですが、予想以上に利用客が少なくて撤退になった経緯があります。もし撤退していなければ今でも航空券を購入できたのですが、撤退してしまったために違う空港で航空券を購入してください。

またこの下地島空港では昭和63年に大きな事故が発生していることでも知られている空港です。この事故は昭和63年に全日空の飛行機が起こした事故で、エンジンを片方だけ止めた状態で離陸訓練をしていましたが、予想以上の横風の影響で滑走路を逸脱してしまった事故です。このとき教員と生徒の3人が搭乗していましたが全員が無事でした。また下地島空港付近は中国や台湾などと近いために近隣諸国との領土問題も注目されている地域です。特にニュースなどでも取り上げられることが多い排他的経済水域の問題があるのもこの地域です。また下地島空港がある地域は海上保安庁の巡視船が監視するようなことがあっても自衛隊は駐留していない地域でもあるので、近隣諸国からも目を付けられている危険な地域と言えます。このような状況の中で国を守るためにも自衛隊に下地島空港の利用を許可してはどうか?という議論は国会でも様々な角度から議論されています。なぜこのような議論がされているのか?というと、下地島空港の特徴が物語っています。どういうことかというと、滑走路が3,000メートルもあることが一番のメリットだと自衛隊側も考えているようです。他の沖縄の空港にはこのような長い滑走路は整備されていません。これだけ長い滑走路であれば戦闘機や戦闘機以外の大型の輸送機などでも滑走路を利用することができるメリットがあるのです。また日本の自衛隊だけに限らず米軍下も地島空港に関心があるという声明を出すほど軍事的な使い方を模索しているところなのです。このように現在ではパイロットが訓練するための空港なので航空券は購入することができませんが、今後は日本の国土を守るためにも重要な空港に変貌していく可能性が高い空港として注目されています。もし航空券が欲しい場合は違う空港で購入するようにしてください。