格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 利尻空港

国内航空券検索

北海道には利尻島があります。この利尻島にある空港として、利尻空港があります。利尻空港は地方管理空港の一種です。利尻空港は、1962年に開港されました。利尻島の中でも北端に位置している空港であり、北海道の中では初めてできた離島空港になります。利尻空港はジェット機の就航が可能なだけの陣容を誇っていて、地域経済を活性化することで地域振興に寄与してくれると地元住民からの期待は高いです。また島民の生活基盤を整備する意味でも、利尻空港は重要な役割を担っているといえます。利尻空港の滑走路は、当初600メートルしかありませんでした。しかし観光需要や地域振興、離島交通を確保したいという要望の高まりから改良工事が行われ、現在では1800メートルの滑走路を要する空港になりました。ただし着陸体の幅は150メートルしかなく、計器着陸にも対応していないなどの課題も指摘されています。

利尻空港の空港ターミナルビルは、滑走路の北側にあります。デザインは近くにある利尻礼文サロベツ国立公園の自然環境に調和できるようなデザインとなっています。ターミナルビルは国内線に対応した設備になっていて、国際線に対応しているわけではありません。またボーディングブリッジなどもありません。エプロンが空港ターミナルに隣接していて、小型ジェット機用が2バース、プロペラ機用が1バースという陣容となっています。ターミナルビルの内容を見てみると、2階建てとなっています。1階には航空会社のカウンターがあって、航空券の販売や手続きに対応しています。到着ロビーと出発ロビーが同じ階にレイアウトされています。出発ロビーが用意されていて、同じく搭乗待合室もしつらえられています。2階に上ると、送迎デッキと展望ホールがあります。送迎デッキは無料で利用することが可能です。利尻空港の定期路線として、どのようなものがあるでしょうか?まず北海道エアシステムが丘珠空港との間に路線を有していて、航空券の発行を行っています。日本航空とコードシェアをしているので、日本航空からでも航空券の調達は可能です。北海道エアシステムでは新千歳空港便を夏季限定で2012年から運行を開始しています。全日空では、新千歳空港との間で路線を持っていて、航空券の取り扱いを行っています。ただしこの新千歳空港の路線に関しては、カキの実の期間限定の路線なので航空券を購入するときには注意が必要です。