格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 大島空港

国内航空券検索

プライベートやビジネスのシーンで、大島空港から出発する飛行機の航空券を入手したり、それらの航空券を使って搭乗手続きをおこなったりする人もいらっしゃることでしょう。伊豆大島に設置された大島空港は、地方管理空港に分類されます。普段は航空券の入手、航空券による搭乗手続きなどをすることが多い人も、時には大島空港の歩んできた歴史をひも解いてみるのも面白いのではないかと思われます。大島空港は1964年、第3種空港として大島空港開設され、1,200メートルの滑走路を有しました。そして、2002年には1,800メートルへと滑走路の延長がおこなわれ、ジェット化がなされました。その後、2008年には一部の航空会社で便の減らされることが発表され、羽田、大島を結ぶ便が1日当たり、一往復へと減便されることとなりました。先ほどもご紹介したように、この空港は伊豆大島に設置されているため、本州から見たのでは、航空機の理着している姿を確認するのは難しいかも知れません。また、当空港では、運航している便数が比較的少ないのも事実の様です。そういった事情などから、こちらの空港が正常に機能しているのかどうか、疑問に思う方がおられるかも知れません。しかしながら、実際には間違いなく稼働しておりますので、航空券の手配などが入り用の人は、問い合わせてみられると良いでしょう。また、伊豆大島は観光の名所としても知られているため、観光旅行客としてこの空港を利用する方もおられることと思います。そのような場合には、旅行をするシーズンにも注意を払う必要があります。

さまざまな種類の観光スポットには、それぞれの繁忙期、閑散期が存在するのは多くの方がご存知のことかと思われます。伊豆大島に関してもその例外ではない他、離島であるという立地条件から、オフシーズンには、利用する飲食店などを探すのに、多くの時間やエネルギーを負担する必要性が生じるかも知れません。ただし、そうした閑散期には、言わずもがな旅行客の人数が少なくなりますので、航空券の手配などがし易く、リーズナブルな価格設定がなされているというアドバンテージがあります。それに対して、オンシーズンには利用可能な店舗を探すのに苦労するリスクは低まるものの、航空券の入手に手間取ったり、多額の出費を余儀なくされたりする可能性が高まるでしょう。それらの事情を考慮に入れて、みずからの適性やニーズ、希望条件に合ったシーズンを選ぶことが大切です。