格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 奥尻空港

国内航空券検索

奥尻空港は北海道の奥尻町にある空港になります。全部で6つある北海道の地方管理空港の一つとして利用されています。奥尻島の南部に位置するいわゆる離島の空港として、主に観光目的で利用されています。毎年およそ1万人以上の方が航空券を購入して奥尻空港で降りています。1974年に開港し、今年で40年目になります。空港のある奥尻島は北海道の西側にあります。空港までのアクセス方法ですが、奥尻町でバスセンターや青苗港に向けたバスの運行を行っています。このバスに乗車することによって、奥尻空港へ向かうことができます。1階は出発カウンターや到着ロビーが用意されており、搭乗手続きなどをとることができます。しかし、ここで奥尻空港では注意したいのが荷物検査です。実は荷物検査をする際に検査機器が用意されていないのです。そのため、検査をする際には保安検査員が行っています。検査員は手荷物を全て開けて隅々までチェックしていきます。スムーズに検査を行うためにも荷物を整理しておかないと時間が大きくかかってしまいますので注意しないといけません。例えば液体については目視をしたり匂いを嗅いだり、試しに飲んでみるということがあり、電子機器は不審物でないか実際に起動してチェックすることもあります。奥尻空港では乗り継ぎをすることができます。出発する空港で同じ日に乗り継ぎを行う際のチェックインも行ってくれますので、乗り継ぎをする場所で搭乗手続きをする必要がありません。最終目的地までの予約番号や書類などを忘れないようにしておきましょう。なお、乗り継ぎの時間は20分以上経過してしまうと乗り継げないことがありますので、時間に余裕を持たせておかないといけません。そして障害を抱えている人にも配慮をされています。例えば耳が聴こえないという方には聴導犬を用意してくれます。申し出をすることによって機内で同行することができますので、安心して航行をすることができます。そして広々としている奥尻空港では、言葉が聞こえないというケースもあります。そこでメッセージボードを用意しているので、言葉を書いて伝えていくことができます。

奥尻空港を利用する際に格安の航空券も販売されています。主に函館や釧路などから奥尻空港へ向かうルートがあります。航空券も往復などで販売をされていますが、その価格はおよそ1万円台となっていますので、手頃な航空券といえるでしょう。もしも航空券を払い戻ししたい時にも対応してくれます。購入することも可能で、時間は午前8時30分から午後5時まで対応してくれますので、スタッフに相談をして対応を行っていきましょう。