格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 大館能代空港

国内航空券検索

秋田県の北秋田市にある地方管理空港が大舘能代空港です。大舘能代空港はあきた北空港という愛称があり、地元住民などに親しまれています。ターミナルビルや駐車場などの施設を見ていくと、道の駅の大舘能代空港と兼用になっていることがわかります。というのも大舘市からは車でおよそ35分ほど、さらに能代市からは車で1時間近くかかってしまうのです。そのため道の駅が用意されており、多くの方が利用しているということになっています。貨物を急いで運んでいきたいという時には、航空貨物を利用することができます。問い合わせることによって利用することができるため、多くの貨物を運びたいという時にはこのサービスを利用するのもいいでしょう。

そんな大舘能代空港ですが、周辺には白神山地や十和田湖、そして八幡平といった自然に恵まれた環境にあります。観光の拠点としても知られており、航空券を購入した後にしばらく景色を楽しむという方も少なくありません。秋田空港や青森空港の中間のあたりにある空港となっており、大舘能代空港は首都圏まで直通となる寝台列車や高速バスも走っています。1987年に開港して、今年で27年目になります。空港ターミナルについて見ていくと、地上3階建てとなっています。1階ではチェックインロビーや到着ロビー、そしてオープンカフェがありますので、休憩をすることができます。そして2階では出発ロビーや搭乗待合室、レストランそしてショップもありますので搭乗までの時間をリラックスして過ごすことができるでしょう。そして3階には送迎デッキがあります。レストランでは時期によって食べることができるメニューも用意されていますので、時期を変えて大舘能代空港を利用した時にしか食べられない料理に出会うことができるかもしれません。有料の会議室や待合室も用意されています。

航空券は大舘能代空港と羽田空港間のみとなっています。往復でおよそ3万円ほどとなっていますが、最近では空港に関するファンクラブが設立されています。この入会金や年会費がかからないファンクラブに入ってみると、航空券などで配慮をしてくれるのです。例えば大舘能代空港と東京間の航空券では、往復分が交付してくれます。そしてターミナルビルの割引券をもらうことができたり、待合室や会議室で有料になっているところを無料で開放してくれます。航空券は年に2回交付してくれるので、利用したい時に申し込んで利用することができます。