格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 能登空港

国内航空券検索

のと里山空港の愛称で親しまれる、能登空港は石川県の能登半島北部に位置する地方管理空港です。2003年、2,000メートルの滑走路を有する能登空港は開港されました。そして、2006年には、国際チャーター便に搭乗するための、専用のブリッジが完成することとなります。また、4階建てのターミナルビルには、わが国で初めての試みとして、空港ビルと行政機関の合築が行なわれています。こういった事情から、能登空港は交通の要所であるにとどまらず、奥能登エリアにおける広域行政の拠点としても知られております。そして、「能登空港」という名称で、道の駅の登録がなされており、能登地域の観光情報発信拠点としても有効に機能しているようです。

能登空港の東にある航空学校では、当空港で発着する旅客機と、同じ滑走路を使用しています。計画段階に於いては、東京、名古屋、大阪といった国内の主要都市3か所への路線を設置するよう見込んでいましたが、実際、開港した際に就航したのは、某航空会社による、東京のある空港への1日2往復だけであたということです。能登空港が開港される前には、某航空会社が、1日1往復の運航をおこない、利用者数を把握したいと考えていたのに対して、石川県や地元の自治体では、当初から1日2往復のフライトを提供して、消費者の利便性を高めたいという考えがあり、双方の意見には相違点がありました。そういった問題を解決するための手段として、全国で初の試みとなる、「搭乗率保証制度」というシステムを導入したそうです。こちらの精度では、年間平均で、搭乗率が70パーセントを下回った場合、石川県と地元自治体から、航空会社に対して2億円までの損失補てんが行われるのだということです。

能登空港などで搭乗手続きをするためには、航空券が利用されることがあります。航空券は、従来、旅行代理店や航空会社の営業所などで、空席状況を確認してから、購入する消費者が数多く見受けられました。しかしながら、最近では航空会社のオリジナルホームページを通じて、ネット上で予約や決済をするケースが増えて来ているようです。そのような方法を選択する場合、航空券の発行はされず、チケットレスサービスを利用することとなります。こうした場合の決済方法に、コンビニ払いを選んで、レジから出る控えを航空券として代用したり、クレカをチェックイン機に挿入し、航空券兼搭乗券を受け取ったりするなどの手段があります。