格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 新島空港

国内航空券検索

東京都新島村に立地する新島空港で、所有する航空券の搭乗手続きを行なったり、航空券を調達したりしようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?新島空港は、東京都営空港の一つに数えられますが、空港法の規定によると、地方管理空港に分類されるということです。新島空港などを利用して旅客機に搭乗する場合、航空券などのチケットを入手することは必要条件となります。新島空港などで利用される航空券には、搭乗する人の氏名や搭乗区間、便名、シートクラス、適用される運賃、チケットの有効期限などが記載されていますので、必要に応じて確認しておかれると良いでしょう。新島空港などで離着陸する航空機は、全ての座席が指定席、もしくは定員制の自由席であるため、搭乗する際には、航空券を搭乗券に換えるための手続きをする必要があります。

そちらの搭乗券には、航空券の記載事項に加えて、座席、そして搭乗するゲートの番号など、より一層詳しい情報が記載されているという特徴があります。航空券と搭乗券は、名称が似通っている他、昨今では、一体型になっているものも存在するため、両者の違いがよく分からなかったり、混同していたりする人も少なくないようです。しかしながら、航空券、搭乗券を英訳すると、それぞれAir Ticket(もしくはAirline Ticket、Passenger Ticket)、Boarding Passとなります。そうしたことからも察しがつくように、航空券は「切符」、搭乗券は「パス(通行証)」を意味するということを覚えておきましょう。また、JRや私鉄、バス、地下鉄、モノレールなどといった陸上交通機関の乗車券とは異なり、航空券には、法人向けの回数券など、一部の例外はあるものの、原則として搭乗者の氏名が記載されているという特徴が存在します。そういった事情から、券面に表示の無い人が使用したり、搭乗者の名義を変更したりすることはできません。また、航空機では、原則として記載された区間の利用に限られることとなります。

それらの空港の中で、新島空港は村営場外離着陸場として1970年に開設され、1984年には第三種空港としての設置を許可されました。その後、1987年に第三種空港として供用を開始し、1994年、航空灯火の供用を開始することとなりました。こちらの空港へアクセスするためには、所在する村の役場から、車でおよそ5分走行することが必要とされます。