格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 南紀白浜空港

国内航空券検索

和歌山県西牟婁郡白浜町に立地する南紀白浜空港は、地方管理空港に属します。南紀白浜空港は、和歌山県内にただ一つ、設けられている空港になります。南紀白浜空港が開港される前、白浜航路には、水上飛行機の就航がありました。そして、1968年4月に初代の南紀白浜空港が開港された当時、1,200メートルの滑走路を有し、プロペラ機のみの就航が行なわれました。その後、さまざまなプロセスを経て、1996年には南紀白浜空港がジェット化されたことに伴い、東側の隣接した地域へ移転され、1,800メートルの滑走路を有して供用が開始されることとなりました。そういった事情から、初代空港は廃止されました。そして、2000年には2,000メートルへ、滑走路の延長が行なわれ、供用が開始されました。また、この年にはワイドボディ機の運航をすることもできるようになりました。

2010年度末に発生した大規模震災の影響で、国内旅行を自粛するムードが漂い、2011年度には南紀白浜空港を利用する客数が減ることとなりました。しかしながら、2012年度下半期以降には、回復する兆しが見られ、年間利用者数が増加しました。そして、2013年の上半期限定では、過去3年間で、最も多い搭乗客数を記録しました。地元紙によると、このように、利用客が増加した要因としては、地元関係者によって客数を増やすための対策が講じられ、その成果が上がった他、乗り継ぎを利用する顧客の利便性を高めるための運賃制度が採用されたことが挙げられるということです。この空港に限らず、航空券を利用したいと考えておられる方は少なくないでしょう。それらの航空券の内、国際線のチケットでは、左側の航空券は、ほとんどの場合、もぎりによって回収されるそうです。ただし、日本の航空会社、一部の海外の航空会社では、国内線と同じように、自動改札機が使用されます。昨今では、自動改札機でデーターを読み取るだけで、航空券が回収されないケースも存在するようです。

最近になって、国内線、国際線を問わず、従来から存在する磁気ストライプに代わって、2次元バーコードを利用した航空券が見受けられるようになりました。このようなタイプのチケットを利用する場合、保安検査場と搭乗ゲートに於いて、合計二回の改札を受けることが必要とされます。また、割引航空券、格安航空券などといった呼称を耳にしたことのある方もいらっしゃるでしょう。それらのチケットも、様式は一般的な券種と同じであるそうです。