格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 名古屋空港(名古屋飛行場)

国内航空券検索

空港施設の通称が、県営名古屋空港である、名古屋飛行場を利用したいと考えている方もおられるのではないでしょうか?名古屋と新潟を往復する際などには、JR新幹線やマイカーを使用するよりも、名古屋空港(名古屋飛行場)を離着陸する飛行機を利用した方が、負担する時間やエネルギーは少なくて済むでしょう。また、名古屋空港(名古屋飛行場)は名古屋市の中心部から15キロメートルほど北の濃尾平野に設置されているため、アクセス条件が良く、利便性が高いというメリットもあります。また、名古屋空港(名古屋飛行場)に隣接する形で、名古屋空港(名古屋飛行場)と滑走路を共有する航空自衛隊の基地が存在しますが、防衛省が設置、管理する共用飛行場には該当しません。そして、名古屋空港(名古屋飛行場)の飛行場管制、着陸誘導管制といった業務は、航空自衛隊の管制隊によって実施されています。また、進入管制、ターミナル管制の業務は、某空港に設置された国土交通省大阪航空局の事務所が、広域管制によって行なっているそうです。かつて、国内線、国際線とも多くのフライトがあったものの、別の空港が設置されたことにより、大部分の路線がその空港へ移転され、それまでの「名古屋空港」から「名古屋飛行場」へと名称が変更されることとなりました。

最近になって、こちらの飛行場では、旅客定期便の本数が少なく限られている一方で、ビジネスジェットの運航など、ゼネラル・アビエーションに注力しているという特徴があります。例えば、国内線ターミナルとは別の出入り口に、ビジネスを目的とした機体専用のターミナルが設けられています。また、名古屋空港(名古屋飛行場)は地元の企業に勤めるスタッフなどを中心とした人々によって、ビジネスの拠点として有効活用されたり、F1の日本グランプリに出場するドライバーの中継地点となったりしています。その他に、ビジネスフォーラムは、毎年催されているということです。名古屋空港(名古屋飛行場)で発着する航空機へ搭乗するべく、航空券を手配する場合などには、航空券に設定されている経路や出発地、到着地などにも注意を払うことが必要とされます。例えば、オープンジョーとは、往復設定、もしくは周回コースの設定された航空券に於いて、出発地、到着地の内どちらか一方、あるいは両方が異なる便のことを意味します。また、世界一周航空券と呼ばれるチケットも存在します。そちらの航空券では、大西洋と太平洋を一度ずつ経由して、東回り、或いは西回りで出発地へ戻るコースが設定されているということです。