格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 宮古島空港

国内航空券検索

沖縄県の宮古島市にある空港が宮古空港で多くの客で賑わっている空港になります。宮古空港の歴史はとても古く昭和18年に当時の日本軍の海軍が利用するための飛行場として建設されたのが宮古空港の始まりです。その後民間の空港として継続的に飛行機の運航が始まりました。実際にいつから定期便の運行が始まったのか?というと、戦後の昭和31年には定期便が運行されていました。日本の高度経済成長に伴ってこの空港を利用する人も飛躍的に増えたために滑走路や空港の施設を整備してきました。また飛行機の大型化に対応していくために昭和53年に暫定ジェット空港としての役割を果たすために今までとは違った営業方法で運用が開始されていきました。宮古空港のどこで航空券を購入すれば良いのか?というと、宮古空港内にあるターミナルビルで航空券を購入することができます。宮古空港から出航している定期便は4つの航空路線があり、全ての航空路線が那覇空港と行き来できるようになっていますので、どの定期便に乗るにしても宮古空港で航空券を購入するようにしてください。また本土からは定期就航路線として東京国際空港からの就航路線があるので、東京から宮古島に行きたいと思っている人は東京国際空港で航空券を購入することができます。

東京以外でもかつては大阪国際空港や関西国際空港や福岡空港からも定期的に飛行機が運航されていましたが、今は運行されていないので注意しなければいけません。宮古空港を利用する人も多く年間に120万人もの利用客があり、その多くが観光客となっています。宮古空港がある宮古島市には景勝地がたくさんあることで知られていて、この景勝地を訪れるために本土からも観光客が訪れているのです。特に多くの岬や海岸、様々な歴史を知ることが出来る史跡なども観光スポットとして人気があります。この他にも地元ならではの展示品や植物を見ることが出来る博物館や植物園、さらに美術館もあり様々な角度から宮古島を楽しむことができます。この他にも温暖な気候を求めてやってくる人も空港を利用して飛行機で来る観光客もたくさんいます。宮古空港は近隣の空港と比べても利用客も多いということもあり、その都度発展してきた空港で、滑走路も2,000メートルの滑走路がありこの空港を支えています。また立派なターミナルビルが併設されているので、ここから航空券を購入することもできますし、おみやげを買うこともできますし、食事をすることもできますので、空港外で用足しをしなくてもこのターミナルビルで大体の用事を済ませることができます。