格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 南大東空港

国内航空券検索

南大東空港は沖縄県の南大東村にある空港で歴史がある空港です。設立された当初は日本の海軍が飛行場として建設された過去があります。そして空港として滑走路が整備されていったのが1963年になります。この時点で滑走路は1300メートル以上あったので、この滑走路が整備されてから南大東空港にも定期便が発着するようになって、その定期便で使われていたのが国産のYS-11が就航して多くの観光客などが南大東に来るようになりました。その後沖縄が日本の本土復帰しましたが、そこで日本国の法律に則って飛行機を運行することになって、昭和49年に滑走路800メートルで空港の運用を開始し始めました。南大東空港が整備されたころはDHC-6型機が就航していましたが、この飛行機が小型だったこともあって天候が悪化してしまうとすぐに欠航になってしまうデメリットがあり多くの旅行客の悩みの種だったのですが、このことを解消させるために「新空港」として新しく整備されて1997年に新しい南大東空港が完成しました。現在の年間利用客は2012年の時点で約40,000人の利用客があり、多くが観光客で沖縄を満喫するためにこの空港を利用しています。現在では午前と午後2便の定期便が運行していて、その定期便に乗るための航空券もこの空港で購入することができますので、当日に航空券を購入したいと思っている人は空港のターミナルで航空券を購入することをお勧めします。定期便は午前の便は那覇空港直通の定期便になっていて、定員50名の飛行機が使われています。また午後の便は那覇空港と北大東空港とを結ぶ三角ルートの定期便がありますので、那覇空港以外にも北大東空港に行く場合はその航空券もこの空港で専用の航空券が販売されています。

南大東空港がある南大東村はさとうきび畑が広がっていて村の産業にもなっています。これらの自然豊かな風情が観光スポットとしても知られていて、多くの観光客が那覇空港から訪れています。その他の観光スポットとして鍾乳洞や歴史資料館、人工プールなど見所も盛りだくさんの人気スポットとなっています。また第2次世界大戦とも関わりが深く今でもその名残も見ることが出来て過去の歴史を知ることもできるスポットがたくさんあります。このように沖縄を満喫しようと那覇空港から定期便がある南大東空港は多くの観光客が中心となって南大東空港を利用していて、沖縄県でも人気の高い観光スポットになっています。